片思いを花言葉で伝える!秘めたる想いや切ない気持ちを表す花をパターン別に紹介

片思い 諦める

執筆者占らんど編集部

「占らんど編集部」です。恋に仕事に悩める女性の支えとなる情報をお届けしていきます。恋のノウハウや占いの相談方法などを、ぜひチェックしてくださいね。

花言葉とは、いろいろな“花”の特徴や性質に合わせて適切な意味を持つ言葉を込めたものです。

昔から花にはたくさんの言い伝えがあり、ギリシア神話やキリスト教のシンボルとしても用いられてきました。

諸説あるとされていますが、はじめに花言葉が発祥したのは、17世紀頃のトルコだといわれています。

トルコには、パートナーへの贈り物としてメッセージを捧げるのではなく、花に思いを託して恋人に贈る“セラム”といった素敵な風習が伝わったのだとか。

とっても素敵なストーリーのある花言葉。

グッとくる花言葉を持つ花や、自分の気持ちをあらわしている花があれば、その花を使って彼にアピールするのもおすすめです。

あなたにとって“特別な存在”になる花を見つけてくださいね。

片思いのパターン別に見る、おすすめの花と花言葉

片思い 花言葉

彼に対する気持ちが溢れ出す片思い……。

自分の気持ちを代弁してくれる、そんな特別な“花”を見つけたいものですよね。

ここでは、片思いのパターン別にみる「おすすめの花」と「花言葉」をご紹介します。

ここで見つけた花を使って、思いを寄せる彼におしゃれなアプローチしてみてはいかがでしょうか♡

1.禁断の片思いにピッタリの花言葉4選

彼女がいる相手を好きになってしまったり、叶いそうにもない恋愛に足を踏み入れてしまったりするなど、禁断の片思いをしている女性もいるでしょう。

諦めないといけない……と分かっていながらも、なかなか諦めきれないと言うのが本音ではありませんか?

気持ちを断ち切って次の恋へ進み出すためにも、花言葉のパワーを借りて心に秘めた思いを伝えてみてはいかがでしょうか。

まずは、禁断の片思いにまつわる気持ちをあらわす花と花言葉をみていきましょう。

オキナグサ「告げられぬ恋」4〜5月

彼女がいる男性を好きになってしまったとき、自分の思いというのはなかなか伝えられないもの。

とても歯がゆい状況ですよね。

オキナグサはそんな気持ちを代弁してくれる素敵な花です。

開花時期は4月~5月(春)で、花の色は赤紫色。

和名では「翁草」と書きます。

果実に白く長い毛が生えている様子を翁(高齢の男性)の頭に例えたとされています。

また、全体が白毛におおわれていることから、別名「猫草(ネコグサ)」と呼ばれることもあります。

チューリップ(黄色)「望みのない恋」4〜5月

花といえば「チューリップ」が真っ先に頭に浮かぶという人も多いのではないでしょうか。

童謡にも出てくるほどメジャーなチューリップは、暖かくなってきた春先(4月〜5月頃)が見所。

見た目が可愛いことや人々に親しみがあることから明るい印象を与えがちですが、実は「望みのない恋」という切ない花言葉が込められてるのです。

また、男性にプレゼントしてしまうと、「あなたの気持ちには答えられない」という意味になってしまうでの注意してくださいね。

マリーゴールド「嫉妬」6月〜11月

叶いそうにない恋だからこそ、ジェラシーを抱いてしまうもの。

もしも彼女になることができたなら、どのくらい幸せなのかな……と考えるだけで辛くなってしまいますよね。

マリーゴールドには良い意味の「勇者」「可憐な愛情」という花言葉もあるのですが、悪い意味の「嫉妬」をはじめ、「絶望」や「憎しみ」といった言葉が込められています。

この花言葉は、恋人のいる男性に恋をした女性のエピソードが由来。

残念ながらその女性は嫉妬に狂って死んでしまい、その後マリーゴールドとして生まれ変わったいうと伝えられています。

彼との恋が実らないまま、マリーゴールドとして生まれ変わった女性のことを思うと胸が苦しくなってしまいますね。

ストック(白)「ひそかな恋」11月〜5月

叶うはずない……とひそかに片思いをているときは、心を占める気持ちの割合は“寂しさ”半分、“楽しさ”半分といったところでしょう。

ストックは、白やピンク、黄色、オレンジ、紫など、さまざまな色のバリエーションがあります。

色味によっては結婚式のブーケとして使われるほど人気の花です。

ストックは一年草で、「おおらかな愛情(紫)」や「ふくよかな愛(ピンク)」といった意味をもつものもあるので、片思いの経過を通して色味の変化を楽しむのもいいでしょう。

2.切ない片思いにピッタリの花言葉4選

花言葉

片思い中、幾度となく経験する切ない気持ち。

いくら切なさから逃れようとしても、なかなかうまくいかないものですよね。

そんなときは「花」の力に頼ってみてはいかがでしょうか。

あなたが心に閉じ込めている切ない気持ちを花言葉に紡いで、さりげなく彼に渡してみるのもおすすめですよ!

スイートピー「私を忘れないで」3〜4月

片思いがつらい……という女性は、今すぐにでもそんな状況を抜け出したいものですよね。

そんなときは、「私を忘れないで」という花言葉を持つスイートピーに思いを託して、新たな恋への第一歩を踏み出してみてもいいかもしれませんね!

スイートピーは、冬を越してもうすぐ春がやってくる時期(3月〜4月)に見頃を迎えるため、旅立ちや別れのシーンに用いられることもあります。

門出に先立って、スイートピーを贈ってみてはいかがでしょうか。

ソリダスター「私に振り向いて」7月〜9月

自分の気持ちをストレートに伝えることができない。

そんなときは、彼を振り向かせる花言葉を持つソリダスターがおすすめです。

カスミソウのように、添え花として親しまれているソリダスター。

開花時期は7〜9月(夏から秋にかけて)で、黄色の小花を実らせるキク科の植物です。

鮮やかな黄色の小花が可愛らしく、切り花としても人気があります。

花言葉が「私に振り向いて」とダイレクトに伝えているので、鈍感な相手に愛の告白をするときにはぴったりの花ですね。

ヒマワリ「私はあなただけを見つめる」7〜9月

片思い中の彼のことが頭から離れない。

なにをしていても、どこにいても考えてしまうと言う人もいるでしょう。

まさに、彼だけを見つめいている状態ですね。

ヒマワリも同じで「太陽の方向を追うように動く」といったう理由で花言葉が込められました。

自分にまっすぐな様子が伺えて、素敵ですよね。

また、開花時期が真夏(7月〜9月頃)の暑い季節ということや、鮮やかで映える色味なだけあって、見ているだけで不思議とパワーが湧いてきます。

溢れる好きを伝えたいときに送ってみてはいかがでしょうか♡

クリスマスローズ「私の不安をやわらげて」1〜4月

思い通りにいかない片思い、ときには心に大きなキズを負ってしまうこともありますよね。

そんなあなたの心を癒す花となるでしょう。

開花時期は‎1〜4月 で、「私の不安をやわらげて」のほかにも「安心させて」や「忘れないで」といった花言葉も秘めています。

クリスマスローズは力強い花として捉えられており、古代ヨーロッパでは、病人から悪臭を除いたり、憂うつを追い払ったりすると言い伝えられていたくらいです。

切ない片思いで負った傷を癒やすにはぴったりの花ではないでしょうか♡

3.真剣な片思いにピッタリの花言葉4選

花言葉

片思いはいつだって真剣なものですが、なかでも心に秘めた「まっすぐな気持ち」を代弁してくれるような花をご紹介します。

どれだけ勇気がある人でも、自分の思いをありのままの形で相手に伝えるのは難しいものです。

さりげなく気持ちを伝えたいなら、花のパワーを借りてみてはいかがでしょうか♡

ハナミズキ「私の思いを受け止めてください」4、5、10月

大好きな彼には、自分のありのままの気持ちを受け取って欲しいもの!

それならハナミズキを贈ってみてはいかがでしょうか♡

初夏に咲く花で、別名「返礼の木」。

大正時代、アメリカと親睦の証に交換した花だといわれています。

このとき、アメリカは「両国の幸せ」を願ったことから、思いを受け止めて欲しいという意味の花言葉が込められたのが由来です。

パンジー「私を想って」10月〜5月

片思いだからこそ、自分の思いを素直にぶつけることができない……と悩んでいる女性も多いのではないでしょうか。

歯がゆい気持ちを伝えるには、これ以上ないくらいストレートな言葉です。

色によって花言葉が違うのも面白いところで、白色は「愛の思い」、黄色は「つつましい幸せ」、オレンジ色は「天真爛漫」、紫色は「思慮深い」という意味が込められています。

あなたの思いにあったパンジーを選んでくださいね♡

ビオラ「私の胸はあなたでいっぱいです」11月〜6月

春〜夏にかけて開花時期を迎えるビオラは、「謙虚」や「誠実」といった花言葉を持つスミレの仲間です。

ビオラの花言葉は、妻子持ちの男性と、その男性を好きになってしまった少女のエピソードが由来だとされています。

最終的には、妻子持ちの男性も少女のことを好きになりますが、妻にバレては困ると少女を牛に変えてしまうのです。

牛になってもなお、お互いに愛し続けていたといいます。

2人の心情を考えると胸が苦しくなってしまいますよね……。

ナズナ「あなたに私のすべてを捧げます」1月〜5月

片思いの彼への気持ちは計り知れないもの。

全てを捧げていいくらい、好きになっているということもあるでしょう。

そんな気持ちを伝えたいときは、ナズナを贈ってみてはいかがでしょうか。

和名では「撫菜(なでな)」とされ、撫でたくなるくらい可愛らしい花という意味があります。

とても小さくて可憐な花なので、プレゼントにぴったりですよ♡

気になる片思いの恋の行方は? 花を渡す前に彼との未来を占ってみて

占い

気になる彼への片思いの悩みを解決することができないときは、勇気を出して「電話占い」に頼ってみるといいでしょう。

プロの目線から2人が今後どうなっていくか鑑定してもらい、的確なアドバイスをもらうことで悩みを解消するための糸口を見つけられるはずですよ。

由莉音(ユリネ)先生

鑑定歴 2年
料金 240円/分(税込)
占術 タロット、四柱推命、西洋占星術など
得意な相談内容 復縁、不倫、略奪愛、三角関係など複雑愛や恋愛

恋愛で悩んだら、由莉音(ユリネ)先生にぜひ相談してみてほしいです。

復縁と、不倫に関しての相談と、うまくいくキッカケをもらったという口コミが圧倒的に多い先生です。

タロットを使って高次元から相手の過去/現在/未来を読み解くことが出来ます。

鑑定した後にくれるアフターメールの丁寧さも人気の理由の1つです。

【初回2400円無料】由莉音(ユリネ)に相談する

3,000Ptの登録特典で最大14分の無料相談がつく「絆」

電話占い絆

2つ目は、感謝と真心を忘れないことをモットーに、大切に人との絆を紡ぐ電話占い「絆〜kizuna〜」です。

片思いや復縁など恋愛にまつわる占いはもちろん、未来予知や悩みを吐き出すためのカウンセリングもおこなっています。

利用料金は1分190円〜で、占い師の指名や予約に関する追加料金は必要ありません。

さらに、お試しとして使うことができる10分無料相談や、無料会員登録で3,000円分のポイントがもらえるという嬉しい特典が揃っています。ぜひ使ってみてくださいね!

【初回3000円無料】kizunaで占う

花言葉を知って想いを伝えよう

花言葉

辛い片思い……そんなときに力を貸してくれるのが花言葉です。

自分の口からはなかなかストレートに表現することができない「心に秘めた思い」でも、花言葉を通して伝えるとなればそう難しくはありませんよね!

心の中でとどまっている彼への気持ちを花に紡いで、さりげなく伝えてみてはいかがでしょうか。

素敵なプレゼントになるはず!

花を渡す前に、彼との今後を占っておくのもおすすめです。

2人の未来に明るいヒカリが差し込むことを願っています。

▼使ってよかった占いサイト
『LINE』が占いに参加!

不倫や複雑愛で当たったと口コミが続出…

期間限定!LINEから無料で本格診断

無料でLINEトーク占いを試す

 
電話占いメル
テレビに引っ張りだこの占い師ばかりのメル。

7回まで無料で試せる神サイト

メルの先生を見る

 
電話占いエキサイト
「占い業界一厳しい審査」と噂の占いサイト。

テレビ出演の有名占い師多数のエキサイト。

今なら初回無料で相談できます

エキサイトの先生を見る

口コミサイトで一位人気の電話占い「FeeL」

ここ経由なら3000円無料

【初回無料】Feelを試す