【逃げたいと思ったときの対処法】何もかも捨てて逃げ出したいときに試そう

執筆者占らんど編集部

「占らんど編集部」です。恋に仕事に悩める女性の支えとなる情報をお届けしていきます。恋のノウハウや占いの相談方法などを、ぜひチェックしてくださいね。

もう何もかも捨てて逃げ出したい…

逃げたい

最近ふと「何もかもうまくいかないなぁ」と思ったことがありました。きっかけは失恋でした。あと少しで2年半記念日を迎えるはずだった彼氏からいきなり別れを言い渡されたのです。

一瞬「え?」と耳を疑って、私の聞き間違いかと思いました。むしろ聞き間違いであって欲しかったです。それでも彼氏の口から出た言葉は「別れよう」という残酷な言葉でした。自分の心にあった感情が一気にスーッと消え去り、私の心は真っ白い虚無感のようなものに呑み込まれたのです。

それから数日のことはあまりちゃんと覚えていません。早く立ち直らないと……とも思いましたが、頭では分かっていても心が言うことを聞かず、どんよりとした気分の中で「もう逃げ出してしまいたい」と悩んでいました。

ただ、いつまでも引きずるのは嫌だったので、私なりに考えて行動してみて大切だったと思ったことをまとめてみました。今、まさに「逃げたい」と悩んでいる女性のお役に立てれば嬉しいです……!

逃げたいと思ったときにまず考えたいこと

逃げたい

逃げたいと思ったとき、まずは気持ちを落ち着かせるためにも深く息を吸い込んで、フーッと大きく深呼吸!冷静になったあとで改めて“何をすべきか”考えていきましょう。

逃げる・逃げない以外の方法はないか

何かから逃げたいと思ったとき、まずは「それ以外の方法はないか?」をよく考えてみてください。友達や同僚、家族などを頼ったり、少し休んだり、逃げる・逃げない以外の選択肢で調整することができないか考えてみるのです。

悩んでいるときは、0か100か、YESかNOか、という考えになってしまいやすいです。無理して今答えを出すというよりは、普段から使える他の手段を探し出すようなイメージで考えてみてくださいね。

逃げることにリスクやデメリットがあるか

実際、逃げたいと思った勢いのまま逃げてしまったときに、どんな“リスク”や“デメリット”が起こり得るかきちんと考えておくことも重要です。

考え直してみれば、リスクだと思っていたことがそれほど大きなものでないこともあります。よくあるのは、自分にとっては大きなミスだったが、他の人にとってはなんてこともなかったというケースですね。本当にリスクやデメリットがあるのか、関係する人に正直な気持ちを聞いてみてもいいかもしれません。

逃げる場合の具体的な方法は何があるか

「逃げる」といっても具体的な方法は決まっていますか? 逃げる方法を考える中で、よい解決策が浮かぶこともあります。

逃げたいと思っても行動できないときは、無意識に逃げてはいけないと思っている証拠です。でも、あなたが「逃げ」だと感じている中に、よい選択肢があるかもしれません。自分が取れる手段を洗い出すためにも、”どのように”という点を意識して具体的な「逃げ方」を考えてみることもときに大切です。

逃げたいと思ったときに試すべき3つのこと

逃げたい

心から「逃げたい」と思ったときは、思いきって“逃げてみる”というのも一つの方法です。ネガティブな思考になってしまっているときは、思わず足を止めてしまいがちですが、現状を打破することが何よりも大切ですよね。逃げることがその一歩目になるかもしれません。

ここからは、逃げると決めたときにすべきことをご紹介していきます。

1.前向きになれる言葉や本を探す

まずは前向きになれるメッセージで自分自身を癒してあげてください。短い言葉でも本にある長めの文章でも、少しでも気持ちが前を向くのであればどんなメッセージでも構いません。日本語でなくても、外国語でもOKです。

逃げたいと思ったとき、何度か唱えてみれば目の前の世界がパッと明るくなるかもしれませんよ♡逃げるのは悪いことだ、と考えるのではなく、逃げればこんなことが待っている、とポジティブに捉えることで一歩進むことができます。

2.逃げたあとの計画を具体化する

「なんとなく逃げたい」ではなく、実際に“どうするか”を具体化することが重要です。

仕事を休む
人との関わりを減らす

逃げたいものは人によって違いますが、もし上記のような理由で逃げたいとするなら、それぞれスケジュールなど具体的な部分まで詰めて考えておくことが必要になります。

仕事を休む
→いつから? いつまで? その間、職場の穴埋めは? 有給は足りる?

人との関わりを減らす
→いつまで関わらない? どの辺りの人との関わりを減らす? 親友とは今まで通り接する?

このように具体的にしてみると、意外と無理がなかったりするものです。なんとなくで悩むのではなく、紙に書き出してみたり、カレンダーに掻き落としてみたりして、できるだけ計画を具体化するようにしましょう。

1つ目の逃げるアクションを実際にしてみる

逃げると決めてから、きちんと計画を建てられたなら、実際に1つ行動に移してみるといいでしょう。考え(計画)を考え(計画)のままで終わらせるのではなく、些細なことでも”行動すること”が大切なのです。

行動をしたものの「逃げない方がよかったかも…?」と思うことがあるかもしれませんし、思わぬ良い結果を生むこともあります。あなたなりのペースを心がけてほしいですが、まずは一つアクションを起こしてみることをおすすめします!

どう逃げていいか分からないときはプロの胸に飛び込んで!

逃げたい

逃げたいと思ったとき、何か行動を起こすことはとても大切になります。どんなに小さなことでも一歩踏み出すだけで世界は変わるもの。それと同時に、逃げたいと思っても自分でできることには限界があるのです。

そんなときは自分で解決しようとして無理に強がってはいけません。逃げたいときこそ、プロのもとへ逃げるのが正解です。

・精神的なことならこころの相談窓口へ相談する
・職場での人間関係や仕事への不満があるなら転職サイトをチェックしてみる
・恋愛の悩みや友達・周囲の人との関わり方などは占い師に相談する

相談を受けたり、アドバイスをしたりするその道のプロは、悩める人に向き合い、サポートするために存在しているのです。「私の悩みなんて……」とネガティブに考えず、あなたの声でプロにSOSサインを叫んでくださいね。プロたちはいつだって“あなたの味方”ですよ!

最後に

何かから「逃げたい」と思ったときは、感情に任せて逃げるのも一つの方法です。心身ともに疲れきっていて「もうこれ以上は無理だ」と感じるのであればいち早く逃げ出した方がいいでしょう。

ただし、中途半端な逃げ方をしてしまうと、周りに心配をかけたり、迷惑をかけてしまったりする可能性が高くなります。

”逃げる”と決めたからには曖昧な考えを捨てて、具体的な計画を立てるところからはじめましょう。逃げ出すのはそのあとです。きちんと計画を立ててから行動に移すことで無責任な逃げ方になることはないでしょう。あなたが上手に逃げ出すことができるように願っています♡

▼悩むなら職場を変えてみるのもアリ!


流行りの退職代行...
怪しいイメージもありますよね?!

労働組合が退職交渉してくれるサービスがあるのです。

退職代行ガーデアンの公式HPへ


7回無料の神サイト