不倫で妊娠してしまった…慰謝料から困ったときの対処法まで紹介

不倫 妊娠

執筆者占らんど編集部

「占らんど編集部」です。恋に仕事に悩める女性の支えとなる情報をお届けしていきます。恋のノウハウや占いの相談方法などを、ぜひチェックしてくださいね。

これを読んでいるということは、あなた、もしくはあなたの家族・友達・知り合いが不倫で妊娠してしまったのでしょう。

本来、妊娠は奇跡的なことで祝福されるべきもの。

しかし、不倫していて、彼には奥さんがいるとなるとそうもいきませんよね。

不倫相手の子どもを妊娠してしまって、1人で抱え込んでどうすればいいか分からないのであれば、この記事をぜひ最後まで読んでみてください。

これからすべきことや、慰謝料に関して気を付けなければいけないことなどを紹介しています。

本記事を読んでこれからの動き方をイメージできたら、内容に沿って動いてみるといいでしょう。

芸能界御用達

全てにおいて頼れる占い師『あの日のJ先生』
電話占いフィール あの日のJ先生料金:1分280円

芸能界御用達の人気占い師あの日のJ先生が復帰!

強すぎる御力で、運命を変え、愛と元気をくださる全てにおいて頼れる占い師。

誰にも相談できない悩みがある人、解決しない悩みがある人にこそ相談してほしい先生です。

【初回2000円無料】
あの日のJ先生に電話相談する

 

不倫で妊娠してしまった…これからやることとは?

自分のお腹に赤ちゃんがいる。

そう考えると不思議な気持ちになったり、不安になったりして、何をすべきか分からないことでしょう。

心がぐちゃぐちゃになり、何もできなくなるということも考えられます。

でも何もしなければ前には進みません。

何もしない間にお腹の子は成長し、選択肢はどんどん狭まってきます。

ここではまず最初にあなたがするべきこと、そしてその次にあなたと相手の男性でするべきことをご紹介します。

少しずつでもいいので、できることから始めましょう。

まずは事実確認

不倫 妊娠

何よりもまずは、病院へ行き妊娠の事実を確認しましょう。

薬局やドラッグストアで手に入る妊娠検査キットの正確性ももちろん高いですが、100%とは言い切れません。

本当に妊娠しているのか、産婦人科で医師の診断を受けるようにしてください。

医師の診断を受けることで、妊娠につながる不貞行為があった日も明確になるため、お腹の赤ちゃんが本当に不倫相手との間にできた子なのかというも確認できます。

ですので、医師には包み隠さず何でも話すようにしましょう。

出産する場合のことも、中絶する場合のことも、詳しく聞いておくとこれからの選択に活かせます。

不倫相手と2人で今後について話し合う

不倫 妊娠

これからお伝えすることに関して、時間をかけてしっかり話し合っていきましょう。

不倫相手の奥さんに事実を伝えるのか

妊娠が確実になったら、不倫相手とその事実を不倫相手の奥さんに伝えるのかを決めましょう。

伝えるとなるとあらゆる非難を受けるでしょう。

しかし、だからといってその場の「言いづらい」という感情に流されず、決めていかなければなりません。

伝えるとなれば、いつどのように伝えるのか、あなたもその場に居合わせるのか細かく決めていきましょう。

また妊娠したことだけを伝えるのではなく、この先どうしていくかも伝えられるように、不倫相手とはしっかり話し合うことが重要。

一部でも事実を隠して伝えると、後からばれたときにさらに問題をややこしくしかねません。

またあなたと相手の男性の言っていることが食い違っていても、状況を複雑にしてしまいます。

お互いの認識を一致させるためにも、文章に起こすなど工夫が必要です。

出産するのか中絶するのか

安全に中絶するには、妊娠11週目までに手術を行う必要があります。

12週以降も可能ではありますが、リスクが上がりますし、役所へ死産の届出を行わなければならなくなります。

そして22週を過ぎると中絶手術は行えません。

簡単な決断ではありませんが、限られた時間の中であなたと不倫相手が納得する答えを見つけてください。

なお中絶する場合は、中絶のリスクを医師に必ず確認し、それを踏まえて考えましょう。

そして中絶の手術後は免疫が下がるので感染症対策を入念に行いましょう。

負担がかかるのはあなたの体と心です。

出来れば中絶する場合もあなたの親御さんに相談したほうがいいですが、なかなか打ち明けられないかもしれませんよね。

ですが出産することに決めたのなら、必ず伝えましょう。

当たり前ですが子どもを育てるのは大変です。

1人で育てていけるものではありません。

少しずつ理解を得て、孫になるあなたの子を愛してもらいましょう。

出産する場合、養育費は払ってくれるのか

子どもを育てるには、もちろんお金がかかります。

少し古いですが、AIU損害保険の『現代子育て経済考』2005年版によると、幼稚園~高校卒業(すべて公立)でかかる学習費用の平均は約540万円といわれています。

これに加えて、食事・衣類・医療・携帯電話などにかかるあらゆるお金が必要です。

それらすべてを加味したとき、2740万円~4240万円のお金がかかってくるといわれています。

そのため出産を選んだ場合は、出産費用だけでなくその子を育てていく養育費についてもしっかり話しましょう。

養育費を払ってくれる場合は、その金額や受け取り方など詳しく決めていかなければなりません。

特に金額があなたと不倫相手でなかなか決まらないのであれば、調停・審判などで解決する必要が出てきます。

さらに注意しなければいけないのは、養育費を払うと言ったにもかかわらず、実際に払わない男性が世の中にいるということ。

子どもが不自由なく大人になるためにとても大事な話ですので、万が一のことも考えて細かく決めていきましょう。

相手の既婚男性は離婚するのか

お腹の子を生んで一緒に育てるとなった場合、相手の男性は奥さんと離婚するのかもはっきりさせなくてはなりません。

もし男性が離婚する意思があるなら、奥さんだけでなく奥さんの家族や男性の家族も説得する必要があります。

すぐ受け入れてもらえるかは、男性と奥さんの関係性次第です。

はっきりしない間に赤ちゃんはどんどん成長しますが、焦らず慎重に、そして必ずはっきりさせましょう。

離婚したあとであなたと結婚するのであれば、あなたの家族の理解も得なければなりません。

伝えるのは怖いかもしれませんが、生まれてくる子のためにも、あなたを育ててくれた家族のためにも、勇気を出して思いを伝えましょう。

何度も話し合って乗り越えれば、より絆は固くなるはずです。

なお離婚での慰謝料の金額は、婚姻期間・子どもの有無(20歳未満)・双方の経済力・離婚原因などを考慮して決められ、およそ200万~300万円くらいが主流です。

男性と結婚して家計を共にするならば、そういった問題も一緒に考えることになるでしょう。

旦那の不倫で離婚!話し合い前に確認することや注意点、慰謝料を解説

慰謝料について

想定外の妊娠となると、「避妊してくれなかった。だから相手から慰謝料を取りたい!」そう考えるかもしれませんが、不貞行為があなたと不倫相手、お互いの同意の上であったら慰謝料は請求できません。

ここでは、あなたが慰謝料を請求される可能性がある場合と、あなたが慰謝料を請求できる可能性がある場合とをご紹介します。

事情・状況によって細かく変わってくるので、詳しくは専門家に相談されることをお勧めします。

もちろん弁護士に依頼すれば、またその分費用はかかってくるでしょう。

総合的に判断して1番納得できる選択をおすすめします。

慰謝料を請求される可能性がある場合

自分の妊娠でいっぱいいっぱいかもしれませんが、あなたは不倫相手の奥さんから慰謝料を請求されるかもしれません。

出産・中絶とともに、その”もしも”に備えておきましょう。

実は、請求されたからといって必ずしも払わなければならないとは限りません。

もしあなたが相手の男性が結婚していることを全く知らなかったり、不貞行為があなたの意思とは反するもの(強姦・脅迫など)であったり、夫婦仲が元々悪く、共同生活が既に破たん状態にあったりした場合は、奥さんからの請求は認められません。

請求されることに備えて、そのあたりはしっかり確認しておくことがおすすめです。

もし実際に請求がきたら、支払額・支払期限を確認しましょう。

支払額があまりにも高額な場合は、相手の奥さんと協議して折り合いをつけていきます。

また支払期限内に払えない場合は期限の交渉も可能です。

この支払期限は相手の奥さんの希望ですので、万が一期限内に払えないとしても法律で罰せられることはありません。

慰謝料を請求できる可能性がある場合

最初にお伝えしたように、不貞行為がお互いの同意のもとであれば、基本的にあなたは相手に慰謝料を請求することはできません。

しかし、あなたの妊娠の事実を知ったあと、相手が話し合いを一切することなく一方的に連絡を断ったり、あなたに対して暴力・暴言を用いて中絶を強いたりするような場合には、不倫相手に慰謝料を請求できる可能性があります。

相手がなかなか話し合いに応じてくれないとしても、諦めずに対応しましょう。

また不倫相手が結婚の事実をあなたに隠していたり、別居していてほとんど離婚しているものだと伝えられたりすれば請求できる可能性もあります。

過去のやり取りを見返して、証拠を確実に残しておくことが重要です。

慰謝料を請求するかどうかの判断をするときや、実際に慰謝料を請求するときには、弁護士など専門家を頼った方が無難かもしれません。

請求してから支払われるまでかなりの時間を要しますので、心身への負担も考慮しながら行っていきましょう。

不倫相手と妊娠してしまっても1人で抱え込まないで

たとえ心から愛していても、公にして付き合えない相手との間に子どもができてしまうと、誰しもが焦り・不安を感じることでしょう。

不倫相手にも、自分の親や親友にも言えない…。

そんな風に1人で抱え込んで、1人で決めるのは禁物です。

あなたは、家族や友人にとってたった1人のかけがえのない大切な存在。

1人で抱えて苦しんで、傷ついてほしくないと思うに違いありません。

どんな決断をするにしても、体や心には大変な負担がかかります。

大変な時期を支えてもらうため、納得できる決断をするため、これからの未来を明るく生きていくために、周りの人に相談しましょう。

もしも身近に相談できないというのであれば、フリーダイヤルのお悩み相談を利用して、落ち着くまで話を聞いてもらうのも有効です。

どうか自分を大事に。納得できる道を少しずつ見つけていけることを願っています。

 

困ったときは不倫相談を↓

▼使ってよかった占いサイト
電話占いエキサイト 「占い業界一厳しい審査」と噂の占いサイト。

テレビ出演の有名占い師多数のエキサイト。

今なら初回最大3500円分無料!

エキサイトの先生を見る

電話占いインスピ なんと、10回以上も無料で相談できるインスピ。

まちがいなく業界一安い神サイト

インスピの先生を見る

電話占いマディア 当たるのにリーズナブルな先生ばかり。

今なら最大4000円も無料!

マディアを試す

『LINE』が占いに参加!不倫や複雑愛で当たったと口コミが続出…

期間限定!LINEから無料で本格診断

無料でLINEトーク占いを試す

7回無料の神サイト