水晶占いとは?種類や歴史、分かることから正しいやり方まで解説!

水晶占い

執筆者占らんど編集部

「占らんど編集部」です。恋に仕事に悩める女性の支えとなる情報をお届けしていきます。恋のノウハウや占いの相談方法などを、ぜひチェックしてくださいね。

占い師といえば、水晶玉をのぞき込み鑑定を行っている場面を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?

黒い布の上に水晶玉を乗せ、手をかざして何やらのぞき込む印象が強い水晶占い。

しかし、どうやって水晶占いで鑑定結果を導き出しているのか不思議に思ったことはありませんか?

本記事では、水晶占いとは一体なんなのか、水晶占いの種類や歴史、何が分かるのか、水晶占いの正しいやり方まで解説していきます。

水晶占いに興味がある人はぜひチェックしてください。

水晶占いとは?

水晶占い

水晶占いとは水晶を使った鑑定方法であり、別名『クリスタルゲイジング』や『クリスタルロマンシー』と呼ばれることもあります。

古くから占いの1つとして扱われてきた水晶占いは具体的にどのように鑑定を行うのか、また、歴史についてご紹介します。

水晶占いには2種類ある

水晶占い 2種類

水晶占いといえば、占い師か水晶をのぞき込むシーンが印象的だと思いますが、実は水晶の見え方には2種類あります。

そのため、水晶占いは1種類ではなく、『スクライング』と呼ばれる鑑定方法と名前のついていない鑑定方法の2つが存在しているのです。

それぞれどのような違いがあるのかまとめました。

スクライング

スクライングは相談者の過去や未来、遠くの縁深い場所、心象風景などが映し出されます。

水晶をスクリーンとして映像を見るため、霊感や特殊な能力を持つ占い師のみができると言われています。

そのため、特殊な能力のない人はスクライングで鑑定するのは不可能でしょう。

もう1つの方法には名前がない!

もう1つの方法には名前がありませんが、スクライングと違い、水晶の中に映し出された記号や絵をヒントにしながら占うやり方です。

一般的にこの方法で水晶占いをする占い師が多く、水晶をのぞき込んだときに受け取ったイメージや色などさまざまなモノをヒントに鑑定を行います。

そのため、スクライングと違い特殊な能力は必要ないとされていますが、水晶の中に浮かび上がったヒントを読み解く能力が必要でしょう。

水晶占いの歴史

水晶占い 歴史

水晶占いは16世紀にはヨーロッパで正式な占いとして使用されたとされています。

1530年、ドイツの僧侶が水晶占いにより財宝とその場所を見つけたとピエール・ド・ランクルが記した書物に残っており、水晶占いが本当に古くからある占術ということがわかります。

その後、水晶占いはヨーロッパに広がり、17世紀にはイギリスで流行するまでになりました。

日本では詳しい記録は残っていませんが、720年に制作された奈良時代の日本書紀に水晶占いとみられるものが記載されています。

日本書紀の中で神功皇后(170年~269年)が長門(現在の山口県)の豊浦の津で如意珠を扱っている場面があり、これが水晶占いではとされているのです。

水晶占いで間違いなければ、日本でもかなり古くから使われてきたことになるでしょう。

水晶占いでわかることは人生のヒント

水晶占い ヒント

水晶占いでは幅広いジャンルの鑑定ができます。

恋愛に関する悩みでは、2人の相性や復縁、結婚の可能性、具体的な時期まで見ることができます。

また、恋愛成就させるためにどう行動をすればいいのかも細かく見ることができるため、具体的なヒントを手に入れることができます。

その他にも自分に合った仕事はなんなのか、転職するタイミングも教えてくれ、就職活動や転職活動がうまくいかない人へのアドバイスもばっちり。

水晶占いでは人生をより良くするために自分らしく生きるためにヒントがもらえます。

水晶占いの正しいやり方

水晶占い やり方

水晶占いと言えば占い師が行うものというイメージが強いと思いますが、実は誰でもできます。

水晶占いの正しいやり方をまとめました。

水晶占いは練習を繰り返すことにより、直観力が鍛えられ誰にでもできるようになると言われています。

興味がある人はぜひ、水晶占いのやり方を覚えてみて下さい。

水晶を浄化する

水晶占い 手に入れる

水晶の選び方から紹介します。

自分に合った水晶を選ぶのが1番ですので、大きさや形、色、値段などに捉われず、実際に手に取ってしっくりくるものを選びましょう。

水晶と言えば丸いものを想像する人が多いと思いますが、形はなんでもOK。

水晶占いをする際は、見た目よりも相性を重視しましょう。

水晶の大きさは直径2cm以上あれば問題ないと言われており、大きければ大きいほどよく見えるということでもありません。

しかし、あまり小さいと映し出されたモノを読み取りにくいため、直径5cm~10cmくらいの水晶がおすすめ。

水晶を手に入れたらまず、浄化をしましょう。

水晶はさまざまなエネルギーを吸い込むため、水晶占いをする前に1度水晶を浄化し、綺麗にしておく必要があります。

水晶を浄化する方法はいくつかありますので、自分のやりやすい浄化の仕方で水晶を清めてください

水晶を浄化するときは、自然の恵みである水や塩、太陽を使います。

水晶を一晩程度流水に当てる

きれいな水に浸すのがポイントなため、浄水器の水でも良いですが、澄んだ川や湖がおすすめ。

塩水を使う

洗面器などに天然塩で塩水を作り、丸ごと浸けてください。

水晶を塩に埋める

塩の中に直接水晶を入れ、数日間埋めてください。

浄化した際の塩は悪いエネルギーが溜まっているため、捨てるようにしましょう。

水晶を太陽の光に当てる

天気のいい日の午前中に太陽の光に当てて下さい。

午前中の3時間程度、太陽の光に当てれば十分でしょう。

セージの煙で水晶を浄化する

セージに火をつけ、煙に2、3回くぐらせましょう。

5つ浄化方法をご紹介しましたが、その他にも月での浄化や塩水での浄化、土に埋めての浄化や水晶クラスターでの浄化 などさまざまありますので、自分に合った方法を試してみて下さい。

これで水晶の浄化はOKです。

浄化し終わった水晶は、自分以外が触らないように大切に管理してください。

たとえ家族であっても、水晶を触ってしまうと余計なエネルギーや雑念が入ってしまい、鑑定の際に波長を合わせにくくなってしまいます。

環境を整える

水晶占い 環境

水晶の浄化を終えたら、次は環境を整えます。

自分がリラックスできる過ごしやすい環境で大丈夫ですが、普段より少し照明を暗めにするようにしてください。

机には黒い布を引き、水晶玉が転がらないよう固定しましょう。

小さな水晶の場合は、机の上に置かず、両手で包み込み鑑定することもできます。

占いを開始する

水晶占い 瞑想

占いを始めるときは、まず落ち着いて瞑想を行いましょう。

肩の力を抜き、深呼吸を何回か繰り返し、雑念を取り除いてください。

気持ちを落ち着けたら無駄なことは考えず水晶に問いかけましょう。

水晶をじっと見つめて水晶からの返事を待ちますが、焦点は合わせないでください。

初めて水晶占いを行うときは、水晶が答えを映し出すまで時間がかるかもしれません。

しかし、辛抱強く水晶を見つめ、素直に映ったものを読み取りましょう。

形や色、数字など水晶から見えたものはなんでも問いかけの答えを導き出すヒント。

忘れないようにメモし、色や数字、動物、場所など読み取ったシンボルから深く読み解いていきましょう。

最初はどのシンボルがどんな意味を持つのか分からないと思いますので、調べながら読み解いていくのがおすすめ。

水晶占いを練習してやってみよう

水晶占い まとめ

水晶占いには2種類あり、スクライングは特殊な能力が必要ですが、名前のついていないもう一方の方法は、練習することで誰でもできるようになります。

興味がある人はぜひ挑戦してみてください。

水晶は環境によって余計なエネルギーを吸収してしまうので、定期的に浄化するようにしましょう。

占い師の多くは鑑定前に毎回浄化を行うようです。

水晶を正しく浄化し、環境を整え水晶占いを行ってみましょう。

関連記事

占らんど編集部おすすめ! 復縁・恋愛占いが本当に当たる4つのサイト!

       
           
7回無料の神サイト