易占い・イーチン占いとは?占い方からおすすめの相談内容まで恋愛の悩みを占おう!

易占い

執筆者占らんど編集部

「占らんど編集部」です。恋に仕事に悩める女性の支えとなる情報をお届けしていきます。恋のノウハウや占いの相談方法などを、ぜひチェックしてくださいね。

易占いって聞いたことはあるけど、どんな占いかは知らない人も多いでしょう。

易占いは、良し悪しのシンプルな答えと、深い意味が含まれた結果の両方を併せ持つ神秘的で魅力的な占い。

この記事では、易占いのやり方からおすすめの相談内容まで詳しく紹介します!

易占いは、”暮らしの中にある物”を使ってすぐにでも占いができますので、ぜひこの記事を読んで、易占いにチャレンジしてみてくださいね。

易占いとは?

易占いは、とても難解な鑑定方法で、習得するまでにかなりの時間が必要です。

そのため、占いの王道としてプロの鑑定師の中でも一目置かれる存在でもあります。

易占いと聞いたことはあっても、触れたり実際に占ってもらった経験がないという人も多いですよね。

ここでは易を身近に感じてもらえるよう、特徴や歴史について紹介していきます。

易占いの特徴

易占いは、3000~4000年前の古代中国で書かれた易経という書物をベースにした、東洋で最も古い歴史を持つ占い。

また、易占いは、この世は陰陽のエネルギー、そして木・火・土・金・水の元素で成り立っていると考える「陰陽五行説」の思想を元にしています。

「良いときもあれば悪いときもある」「花が咲けば必ず散る」「この世には裏と表がある」といった自然のリズムと法則に添って占いますので、現状や未来の吉凶の判断がわかりやすいというのが特徴です。

易占いの歴史

易占いは、易経という経典を元に中国で誕生した占いですが、その思想や鑑定はまたたく間に世界に広がりました。

易・易経のことを中国語読みでイーチン(iching)と言うことから、近年では別名”イーチン占い”とも呼ばれています。

宇宙の法則・この世の成り立ちが描かれた易経はとても難しく、今なお解読ができていない部分も多い書物です。

しかし、内容は人としての生き方・哲学・倫理観などを教えるもので、私たち現代人にも必要なことがたくさん。

今の易占いの形が中国で出来上がったのは、紀元前1046年ごろから紀元前256年ごろまで存在した周の時代であったと言われていて、他の易と区別するのに周易と呼ばれています。

当時から、易占いは単なる個人の利益を占うものではなく、国の政治や外交の重要な決定にも用いられてきました。

日本では易占いをする占い師のことを易者と言いますが、易者が用いるのはほとんどがこの周易です。

易者と言えば、ドラマや映画で小さなテーブルにたくさんの棒を差した筒を置いて、商店街などの一角でお客さんを待っているシーンをよく見ませんか?

古くから日本でも、占い師と言えば易者がイメージされるほど、易占いは私たちの身の回りに意外と定着しているんです。

1 2 3 4

関連記事

▼使ってよかった占いサイト
TV出演占い師多数! 今もっとも注目されている噂の占いサイト。
カリスマ占い師集結!

\最大5000円無料/

ヴェルニの先生を見る

 
電話占いインスピ なんと、10回以上も無料で相談できるインスピ。
まちがいなく業界一安い神サイト

\今だけ!7回無料キャンペーン/

インスピの先生を見る

 
『LINE』が占いに参加!不倫や複雑愛で当たったと口コミが続出…
期間限定!LINEから無料で本格診断

\初回10分完全無料!/

無料でLINEトーク占いを試す

       
           
7回無料の神サイト