四柱推命の十二運『病』ってどんな意味?性格や適した職業、恋愛観について紹介!

四柱推命 病

執筆者占らんど編集部

「占らんど編集部」です。恋に仕事に悩める女性の支えとなる情報をお届けしていきます。恋のノウハウや占いの相談方法などを、ぜひチェックしてくださいね。
記事制作:ポップコーン株式会社

監修者占らんど

https://ppcn.co.jp/人の個性を12種類に分類しており、4つの柱と2つの通変星、12種類の十二運を組み合わせて鑑定する四柱推命。

今回はその中でも十二運”病”について解説していきます。

実は同じ十二運の”病”であっても、4つの柱である年柱、月柱、日柱、時柱どの位置に現れるかによって性格や特徴が異なるんです。

本記事では、十二運”病”の意味、そして命式の位置による意味をまとめました。

また、通変星ごとの意味についてもご紹介します。

四柱推命が得意な占い師って?
四柱推命がよく当たる占い師!おすすめ鑑定師を厳選して紹介

四柱推命の十二運『病』の意味とは?

四柱推命 病

四柱推命十二運”病”は、”長生”の対極に位置します。

エネルギーが衰えており、運気も低下しがちです。

体力が少ないため、積極的に行動することはなく、静かにその場でじっとしていることを好むでしょう。

さらに、自己主張は少ないため自ら新しい道を見出すというより、本来持った力を生かせる環境で身の丈に合った生活をするのが1番です。

また、十二運はその名の通り12種類あり、下記のようにそれぞれ人の一生を表しています。

胎(たい) お腹の中の赤ちゃん
養(よう) 赤ちゃん
長生(ちょうせい) 小学生の頃
沐浴(もくよく) 思春期
冠帯(かんたい) 成人
建禄(けんろく) 青年
帝旺(ていおう) 熟年期
衰(すい) 老人
病(びょう) 病人
死(し) 死人
墓(ぼ) 入墓
絶(ぜつ)

こう見ると自分の十二運が”病”だと、なんだか怖いと思ってしまう人もいるでしょう。

しかし、十二運は人の一生を表しているだけですので、 十二運星が”病”の人は病気になりやすいということではありません。

【四柱推命ってどんな占い?何がわかる?】

四柱推命の十二運『病』をもつ人の3つの特徴!

十二運で”病”を持つ人にはどんな特徴があるのか、3つピックアップしてご紹介します。

十二運で”病”を持つ人は、感受性が豊かで他の人より多くの情報をキャッチできる人です。

若いころは理想を追い求め、挑戦的な行動を取りますが、年を重ねるにつれて保守的な考え方へと変わっていくでしょう。

しかし、考え方は変われど豊かな感受性を失うことはなく、生涯多くの情報をキャッチし、いろいろなことに気づくことができます。

そのため、困っている人にはすぐに手を差し伸べることができ、気遣い上手と言われる人が多いでしょう。

また、義理を大事にするため、受けた恩は必ず返すという価値観のもと行動します。

人から慕われやすく自然と人の輪ができていることもあるでしょう。

その他に、感情表現が豊かな”病”の人は、周囲の人から感情が分かりやすい人と思われることも多い傾向にあります。

豊かな感情表現は芸術や芸能で大きなパワーとなりますが、時に暴走してしまい周囲の人にきつく当たってしまうこともあるため、感情のコントロールには注意しましょう。

芸術や芸能に向いている

“病”の人は高い感受性を持っており、独特な世界観で生きるため、芸術や芸能の道に向いている人が多いです。

感情を表現する能力が人一倍あり、他の人より繊細な感情を表すことができます。

そのため、芸術作品を生み出したり自分を表現したりする芸能に向いているでしょう。

しかし、感受性が高すぎる”病”の人は、感情の処理が追い付かず爆発してしまうことも。

“病”の人は感情のコントロールがうまくできるようになるといいでしょう。

人間関係においても潔癖

“病”の人はそもそも潔癖な傾向が強く、掃除の際には徹底的に綺麗にする人が多いです。

その潔癖は部屋や物だけでなく、人間関係にも影響します。

ドロドロした人間関係は苦手であり、争いごとが多いような環境も苦手。

また、”病”の人は、繊細な性格のため、人間関係も綺麗でクリーンな場所でないと本来の力を発揮できません。

ストレスを溜め込み、病気になってしまうこともあるため、環境が合わないと感じたら離れることが大切でしょう。

ネガティブ思考になりやすい

“病”の人は感受性が豊かで繊細なため、つい落ち込みやすいという特徴があります。

繊細さは、芸術や芸能の道でとても良い力を発揮しますが、必要以上に周囲からのダメージを受けてしまうため、ついついネガティブ思考になってしまうようです。

だいたいは取り越し苦労で終わるため、必要以上に気に掛ける必要はないでしょう。

ストレスを溜め込みやすいのも”病”の人の特徴ですので、発散方法を確保しておいてくださいね。

また、繊細な心をカバーしようと身体を鍛える傾向にあるのも”病”の人の特徴です。

四柱推命の十二運『病』をもつ人の恋愛観は?

“病”を持つ人は、恋愛においても自分の感性を大切にするため、周囲の人に左右されることはありません。

また、もともと体力があまりない”病”を持つ人は積極的に恋人を探すような行動を取ることはほぼないでしょう。

そのため、経験人数が多いということはなく、1人1人との精神的な繋がりを大切にします。

また、”病”を持つ人は恋人を疑うことなくストレートな愛をぶつける性格です。

そのため、あまりにも情熱的な愛が時には周囲を引かせてしまうこともありますが、時にその情熱的な愛は素晴らしい芸術作品として現れるかもしれません。

ただし、情熱的な愛はもともと体力の少ない”病”の人にとって体力を奪ってしまうものです。

付き合っている期間が長ければ長いほど、疲れを感じてしまう人が多く、”病”を持つ人は長いお付き合いをするのではなく、運命の人だと決めたら早めに結婚に踏み切るのが良いでしょう。

1 2 3 4

関連記事

▼使ってよかった占いサイト
TV出演占い師多数! 今もっとも注目されている噂の占いサイト。
カリスマ占い師集結!

\最大5000円無料/

ヴェルニの先生を見る

 
電話占いインスピ なんと、10回以上も無料で相談できるインスピ。
まちがいなく業界一安い神サイト

\今だけ!7回無料キャンペーン/

インスピの先生を見る

 
『LINE』が占いに参加!不倫や複雑愛で当たったと口コミが続出…
期間限定!LINEから無料で本格診断

\初回10分完全無料!/

無料でLINEトーク占いを試す

       
           
 電話占いカリス