ホロスコープの11ハウスとは?惑星別に示す意味を解説

ホロスコープ 11ハウス

執筆者占らんど編集部

「占らんど編集部」です。恋に仕事に悩める女性の支えとなる情報をお届けしていきます。恋のノウハウや占いの相談方法などを、ぜひチェックしてくださいね。

西洋占星術などで使用するホロスコープは、天体、サイン、ハウスの3つの要素から構成されています。

天体とは太陽や月などのことで、全部で10個。

サインは、牡牛座や魚座などの12個の星座、ハウスは第1ハウスから第12ハウスまであります。

ハウスとは、その人が生まれた時の太陽の位置を基準にホロスコープを12の部屋に分けたものです。

ハウスが分かれば、そこに何の天体があるがわかり自分をもっと知ることができます。

例えば、第1ハウスは自分自身や容姿、第2ハウスはお金や才能などそれぞれのハウスで分かることが違います。

今回はホロスコープの12ハウスの内、第11ハウスについて紹介していきます。

ホロスコープを使った西洋占星術で星占いが当たる!

ホロスコープの11ハウスとは?

ホロスコープ 11ハウス

ホロスコープは放射状に伸びた線によって12の部屋に分かれています。

その分かれた部屋1つ1つをハウスと呼び、それぞれのハウスに意味や役割が存在します。

ホロスコープ第11ハウスは、同志や仲間を通じて見つけ出す未来や理想、希望に関するハウスです。

理想の未来のため、仲間と手を組み社会に貢献することや同じ志を持った友達とのサークルなども表しています。

また、第11ハウスは正社員などの安定したものを好まず、アートなど自分の好きなことをする傾向にあるようです。

お互いを尊重しながら集団をつくりますが、近すぎず遠すぎずの距離を保っているのも特徴です。

惑星別11ハウスの意味

11ハウスは仲間と分かち合う喜びや楽しさを幸せに思う場所です。

1人で大きな目的を成し遂げるとはかなり難しいですよね。

11ハウスは、同じ目的を持った仲間とどのように関わっていくのかを読む事ができます。

ホロスコープから自分のことを読み解くには正確な生まれた時間が必要。

もし、正確な時間が分からなくてもホロスコープを読み解く方法はありますが、少し正確さには欠けてしまうかもしれません。

次は、11ハウスにある惑星別で表すものについて紹介していきます。

11ハウスに太陽があるのはあなたが従うべきものを表す

ホロスコープ 11ハウス

太陽は自分らしさを意味する天体です。

太陽が示す自分らしさとは、自分を表現する方法や人生を切り開く力、何事にもチャレンジする力などを指します。

友情やコミニティなどを示す第11ハウスに太陽がある人は、目的が同じ同志とつながり、そのネットワークを使って新しい社会をつくりあげることが人生の目的となるでしょう。

ボランティア活動をしたり、同志を集めて団体を立ち上げるなどの活動を行います。

古い考えや閉鎖的な環境を嫌い、常に改革などにエネルギーを注ぎます。

仕事の時も拘束されることを好まないので自由に発言できる職場環境を選ぶようです。

また、太陽にとって仲間は大切な資産となります。

1 2 3

関連記事

▼使ってよかった占いサイト
電話占いエキサイト 「占い業界一厳しい審査」と噂の占いサイト。 テレビ出演の有名占い師多数のエキサイト。
\初回最大3500円無料/
今すぐ相談する
\初回最大3500円無料/
おすすめ先生を見る
 
電話占いインスピ なんと、10回以上も無料で相談できるインスピ。 まちがいなく業界一安い神サイト

\今だけ!7回無料キャンペーン/

インスピの先生を見る

電話占いマディア 当たるのにリーズナブルな先生ばかり。 とくに恋愛相談におすすめ。
\初回最大4000円無料/
今すぐ相談する
\初回最大4000円無料/
おすすめ先生を見る
 
『LINE』が占いに参加!不倫や複雑愛で当たったと口コミが続出…期間限定!LINEから無料で本格診断

\初回10分完全無料!/

無料でLINEトーク占いを試す

       
           
7回無料の神サイト