ホロスコープ第6ハウスの星が示すこと!第6ハウスは仕事関連【西洋占星術】

ホロスコープ 6ハウス

執筆者占らんど編集部

「占らんど編集部」です。恋に仕事に悩める女性の支えとなる情報をお届けしていきます。恋のノウハウや占いの相談方法などを、ぜひチェックしてくださいね。

西洋占星術では、ホロスコープと呼ばれる天体の配置図を用いて占います。

西洋占星術やホロスコープでの鑑定を簡素化したものが12星座占い。

星座占いが好きな人は、西洋占星術やホロスコープという言葉も聞いたことがあるかもしれません。

ホロスコープは、天体(惑星)、サイン(星座)、ハウスの3つの要素で構成されています。

読み解いていく中で、最低限必要と言われているのが、10天体と12サインを組み合わせて読み解くこと。

いきなりホロスコープの全てを理解するのは難しいですが、ホロスコープを構成する要素を1つずつ理解していけば、誰でも読めるようになります!

今回の記事では、ホロスコープの12あるハウスのうち第6ハウスが示すことについて詳しくまとめました

ホロスコープを使った西洋占星術で星占いが当たる!

ホロスコープ第6ハウスとは?

ホロスコープ 6ハウス

ハウスとは、ある人が生まれた時の太陽の位置を基準に、ホロスコープを12個の部屋に分けたもの

ホロスコープでは、Asc(アセンダント)を起点として、左回りに第1ハウス、第2ハウス…と名前が付けられています。

そしてハウスが象徴しているのは、ある人の個性や人生のイベントがどんな場所やシーンで発揮されるのかということ。

つまり、ハウスの位置によって自分がどんなときに輝くのかを知ることができます。

今回はそのハウスの中でも第6ハウスについて詳しくみていきましょう。

第6ハウスは仕事関連を示す

第6ハウスは「仕事関連」を示しています。

そのためこの第6ハウスを読み解くことで、あなたに向いている職場や働き方、仕事に対する姿勢を知ることができるのです。

【惑星別】ホロスコープ第6ハウスの意味

第6ハウスは仕事関連を示していますが、そのなかにどの惑星があるかによって意味が変わるのです。

以下では惑星別に、第6ハウスの意味を詳しく解説していきます。

第6ハウスに太陽がある

ホロスコープ 6ハウス

ホロスコープにおける太陽は、自分の存在価値や能力を発揮するための方法を意味します。

つまり第6ハウスに太陽がある人は、仕事を通して自分の存在価値や能力を発揮していける人だといえるでしょう。

働くことに対して強い関心があり、常に人の役に立ちたいと考えています。

そのため、人からのお願いや頼み事を断れない傾向があり、ついつい自分のプライベートを犠牲にしてしまうことも。

第6ハウスに月がある

ホロスコープ 6ハウス

月はホロスコープにおいて、自分が心の深い部分で求めているものを意味します。

そのため第6ハウスに月がある人は、仕事を通して心の充足感を満たしているでしょう。

仕事の日と休日の区別があまりないため、休日も働いていたいと考えている人が多いです。

フリーランスや副業が向いているタイプといえます。

第6ハウスに水星がある

ホロスコープ 6ハウス

ホロスコープにおける水星は、自分の知性の傾向や使い方を示しています。

そのため「仕事関連」を示す第6ハウスに水星がある人は、仕事において知性を発揮し職場で活躍する存在となる可能性が高いです。

知性に溢れているため、知識が必要とされる医療現場や、正確さとスピードが求められる事務仕事などが向いています。

第6ハウスに金星がある

ホロスコープ 6ハウス

ホロスコープにおける金星は、自分がどのようなことに楽しみや喜びを覚えるのかを示しています。

つまり第6ハウスに金星がある人は、仕事に対して楽しみや喜びを覚えるタイプの人です。

また金星は、その人の美意識も関係しています。そのため、美容師やエステなど「美」に結びつく仕事が向いているといえるでしょう。

第6ハウスに火星がある

ホロスコープ 6ハウス

火星はホロスコープにおいて、自分の行動の動機を示しています。

第6ハウスに火星がある人は、どのような仕事にも精を出すことができますが、自分にしかできない仕事ではとくにやる気が出るタイプ。

また人のために働くことを好むため、社会への貢献度が大きいものほどやりがいを感じるでしょう。

そして、そのような経験が自信にもつながります。

第6ハウスに木星がある

ホロスコープ 6ハウス

ホロスコープにおいて木星は、自分が幸運に恵まれる分野を示します。

そのため仕事関係を示す第6ハウスに木星がある人は、仕事や職場環境に恵まれるでしょう。

上司に恵まれ評価を受けやすいため、昇進を期待できる人が多いです。

人と仕事をすることが向いているので、企業の中で働くことで能力が発揮されやすいといえます。

第6ハウスに土星がある

ホロスコープ 6ハウス

土星はホロスコープにおいては、自分が苦手意識を持っている分野を示しています。

そのため仕事関係の第6ハウスに土星がある人は、仕事に対して苦手意識や恐れを持ちやすい傾向にあるでしょう。

しかしその苦手意識を克服しようと、自分を奮い立たせることができるのも特徴のひとつ。

努力は必要ですが、安定して仕事をこなすことができるでしょう。

第6ハウスに天王星がある

ホロスコープ 6ハウス

ホロスコープにおける天王星は、予測できない出来事が起こりやすい事柄を示しています。

そのため第6ハウスに天王星がある人は、仕事において予測できない出来事が起こる可能性が高いです。

しかしそのような予測不可能な出来事にも迅速に対応できるため、その柔軟性を生かしてフリーランスとして働くことが向いています。

のびのびと自分の思うままに働くほうが、自分の能力を発揮しやすいでしょう。

第6ハウスに海王星がある

ホロスコープ 6ハウス

海王星はホロスコープにおいては、理想の実現のために犠牲が必要である分野を示しています。

そのため仕事において自分の理想を叶えるために、自分を犠牲にしなければならないときがあるかもしれません。

職業としては人に奉仕する仕事が向いているので、福祉や医療関係がおすすめ。

ただし、犠牲を払うことによる精神面でのストレスに注意が必要です。

第6ハウスに冥王星がある

ホロスコープ 6ハウス

ホロスコープにおける冥王星は、人生における課題を示しています。

第6ハウスに冥王星がある人は、仕事が人生における課題となり、その結果によって人生が大きく変わるでしょう。

仕事に対して一切気を抜かないのもこの人の特徴。

洞察力があるタイプでもあるので、カウンセラーや警察などの職業が向いているでしょう。

ホロスコープ第6ハウスに惑星がない…?

ホロスコープ 6ハウス

第6ハウスに惑星がない場合は、どのような意味を示しているのでしょうか?

仕事関係を示す第6ハウスに惑星がない人は、仕事において負けず嫌いを発揮しないほうがいいとされています。

「あの人よりも先に昇進したい」や「競合他社に負けたくない」のような思いから努力をすると空回りする可能性が高いです。

ホロスコープ第6ハウスまとめ

今回の記事では、ホロスコープ第6ハウスに惑星が存在する場合の意味と、存在しない場合の注意点について解説しました。

あなたは第6ハウスにどの惑星が存在していますか?

それぞれの惑星の意味を理解し、自分の仕事における傾向や向いている職業を把握しておきましょう。

 

一緒に読まれている記事

関連記事

占らんど編集部おすすめ! 復縁・恋愛占いが本当に当たる4つのサイト!

       
           
7回無料の神サイト