祈願祈祷とは?ご祈祷のマナーや正しいお祈り方法から効果まで

祈願祈祷

執筆者占らんど編集部

「占らんど編集部」です。恋に仕事に悩める女性の支えとなる情報をお届けしていきます。恋のノウハウや占いの相談方法などを、ぜひチェックしてくださいね。

祈願祈祷とは、どんなことをするか知っていますか?

耳にすることはあっても、実際に祈願祈祷する経験はあまり多くはありません。

そこで、本記事では祈願祈祷の意味や読み方、正しいお祈りの方法を紹介します。

祈願祈祷でどんなことができるのか、ぜひ参考にしてみてくださいね。

▼本物のスピリチュアルカウンセラーが知りたい方はこちらからチェック▼

本物と噂!有名スピリチュアルカウンセラーを厳選して紹介!

祈願祈祷とは?

祈願祈祷

祈願祈祷は、“きがんきとう”と読みます。

祈祷に使われる祷は、単体でも“いのる”と読むことができ、神様へ願い祈るための漢字として用いられます。

しかし、普段の会話の中で頻繁に使われる言葉ではないので、読めなかったという人も多いのでは?

祷の基本的な漢字の意味として、神様へ願いを訴えるという思いが込められています。

祈願と祈祷の違い

祈願祈祷

祈願祈祷は、祈願と祈祷で別々の意味があります。

ですが、実際には”祈願祈祷”と1つの単語として扱われることも多く、よく耳にするのは祈願祈祷であることも。

そのため、別々の意味を持つことを知らない人が多いのも事実。

祈願祈祷は、神様へ祈り願いを届けることを自分でするのではなく、私たちの代わりに礼儀や作法を身に着けた神主や神職がおこなってくれることです。

それでは、祈願と祈祷ではどのような違いがあるのか紹介します。

祈願とは?

祈願祈祷

祈願とは、字が表すように祈り、願うことを意味します。

私たちが神様へお願い事をするとき、必ずといっていいほど手を合わせ祈り捧げますね。

自分の言葉で神様へ願いを伝え、お祈りをする行為は祈願。

例えば、お正月や夏越払いなどのときに、神社で抱負やお礼などを伝えるのも祈願です。

実は、祈願には自分の名前、住所、願い事を忘れずに言うことがポイントとしてあります。

神様でも、どこの誰かわからないと願いを叶えられません。

また、感謝の気持ちと“ありがとうございます”の言葉も忘れずに。

祈祷とは?

祈願祈祷

祈祷は、私たちの代わりに神職が神様へ願いを伝えてくれる儀式をとりおこなうことです。

祈祷は、神職の仕事の1つでもあるため勉強や修行を積んでいます。

そのため、自分で祈りを捧げるよりも、願いが神様に届きやすくなります。

例えば、自分でお願いするときに、名前や住所など言い忘れてしまうようなことがあっても、祈祷では神職が伝えてくれるので、言い忘れる心配なし。

また、儀式が終わるとお守りやお札などが授与されるもの祈祷の特徴です。

祈願祈祷すべきこと10選!

祈願祈祷

特別な日には、祈願祈祷することがおすすめ!

人が節目に差し掛かるとき、神様に今まで無事に過ごせたことへの感謝と報告また、今後も見守ってもらうためです。

例えば、お祝い事であれば、無事にお祝いができたことへの感謝を伝えましょう。

そして、一緒に喜びを分かち合ってもらいます。

災難を取り除いてほしいときには、神様へ災難を回避できた後の自分がどうなってるのかイメージを伝えてください。

それでは、祈願祈祷するのにおすすめな10の事例を具体的に紹介します。

安産祈願

祈願祈祷

妊娠したらまずは、安産祈願。

健康で元気な赤ちゃんが、無事に生まれてきてくれることをお祈りしましょう。

しかし、妊娠中は悪阻などで体調が万全な日が少なくなります。

祈願祈祷は複数人で行い、長時間ですので無理をせず、体調の良い日に!

祈願祈祷をする際は、安産や妊娠・子供に関してパワーを存分に発揮してくれる神社へ行くようにしましょう。

長寿のお祝い

祈願祈祷

還暦や米寿など節目の年齢には、長寿の祈願祈祷がおすすめです。

日本では、高齢者を敬いお祝いをする敬老の日があります。

長生きするとは、それだけ人生の修行をしている証。

今までの、人生の道のりを神様へ報告すると共に長寿を迎えた感謝を伝えましょう。

長寿のお祝いは、福禄寿や寿老人のいる神社へ祈願祈祷してもらうのがよいですね。

七五三

祈願祈祷

七五三も祈願祈祷してもらいましょう。

昔からの風習としてある、お祝いごとで、人生の節目です。

地域より様々ありますが、女の子は3歳と7歳、男の子は5歳で七五三をおこないます。

昔は、子供が成人まで成長することができないこともあったため、3歳と5歳、7歳まで成長できたことに感謝と報告していたのが七五三の起源。

昔ほど、子供の栄養面などは心配がなくなり、縁起の良い風習となりました。

子供の生まれた土地にある神社が産土神社となり、産土神社で七五三の祈願祈祷してもらうのが一般的です。

厄祓い

祈願祈祷

厄払いの祈願祈祷は、災難や続くとき、男女の数え年などの節目におこなってもらいましょう!

災難が続くときは、人生で多くの責任を持つようになる、また忙しさから病気やケガが多くなるときと言われています。

厄年は数え年で男性は、5歳・42歳・61歳女性は、19歳・33歳・37歳・61歳

大厄または本厄が、男性は42歳、女性は33歳です。

厄年のお知らせをしている神社で、しっかりと厄払いをしてもらうと安心ですね!

家内安全

祈願祈祷

家内安全は、家族が病気やケガなどしないようにする祈願祈祷。

初詣など年の初めに、1年間平穏に暮らせるように家族の無事と健康を祈ります。

家内安全は、いつでもしてもらえる祈願祈祷です。

どこの神社でもしてもらえる祈願祈祷は、住んでいる場所や、家族にゆかりのある神社での祈願祈祷がおすすめ! 

また、夫や妻、子供を大事にするという思想の神様が祀られている神社や、大黒様や恵比寿様が祀られている神社もいいですね。

商売繁盛

祈願祈祷

商売繫盛は、新しく会社を立ち上げる、商売を始めるときなどに祈願祈祷します。

商売を始めるときにどんな商売をするのか、また、成功と繁盛を神様へ祈願することで今後の行く末も左右されることも。

大切な祈願祈祷ですので、気持ちを込めておこないましょう。

規の立ち上げ以外にも、昨年度より引き続き商売をしている場合には、今年度の感謝と来年度へ向けて新たな祈願をするといいですね。

稲荷神社や大黒様がいらっしゃる神社がおすすめ!

病気平癒

祈願祈祷

病気平癒は、既にかかってしまった病気から完治するように祈ります。

神様の力添えにより、少しでも良い状態に近づき、早期回復や健康な状態に向かっていくようにするための祈願祈祷です。

病気の場合は、体調がすぐれない場合もあるため、代理の人による祈願祈祷でも大丈夫。

病気平癒に有名な薬師如来や少彦名大神など、病気回復に向け力を発揮してくれる神様がいます。

女性特有の病気に強い神様もおられるので、自分の病気に合わせてお願いされるのがいいですね。

受験合格

祈願祈祷

受験で合格するために祈願祈祷するのもおすすめです。

本番に今までの努力が実るように、実力が発揮できるように祈りましょう。

祈願祈祷は受験前におこなうのがよく、一般的。

しかし、同時期に大多数が受験するため、祈願祈祷も同じような日にすることが多くなります。

受験前の人込みで風邪をうつされないようにするためにも、少し時期をずらしておこない、あとは勉強に集中するだけにするのも良い手段です!

験には、学問に強い菅原道真大神が祀られている神社がいいですよ。

受験に合格しているイメージを伝えてしっかりと加護をもらいましょう。

心願成就

祈願祈祷

心願成就は、あらゆる願いを叶えるためにおこないます。

夢や目標などが叶うようにまた、現実問題が解決するようになどの願いを届けるための祈願祈祷です。

例えば、好きな人と恋人になれますようにでも、金運が上がりますようにでも大丈夫!

大事なのは、なりたい自分をイメージして神様に伝えること! 

そして、願いが叶ったら“ありがとうございました”とお礼と報告を忘れずにしましょう。

恋愛や金運、スポーツなどに強い神様を祀られている神社を探して祈願祈祷するのがおすすめです。

初宮詣

祈願祈祷

初宮詣は、赤ちゃんが生まれて初めて神社へ参拝に行き祈願祈祷してもらう行事です。

無事に生まれたことへの感謝と報告を神様におこない、今後も健康に育つように加護をもらいます。

一般的には、産土神社へ行きますが、状況や都合に合わせて都合の良い神社へ行っても大丈夫です。

行く日は、生まれてから1か月後となっていますが、お母さんや赤ちゃんの状態を見て、体調の良いときに行くのがいいでしょう。

あまり、場所や日にちにこだわりすぎなくても祈願祈祷に行けば、神様は赤ちゃんの誕生をお祝いしてくれますよ。

祈願祈祷のマナーとやり方

祈願祈祷

自分で神様へお参りするときにもやり方があるように、祈願祈祷にも決まったやり方があります。

神様へしっかりと願いを届けるためには、礼儀や作法、儀式は必要ですし、なにより神様を私たちのために呼んでもらわなければいけません。

そのためにも、祈願祈祷のやり方や流れを把握して覚えておくことは重要です。

祈願祈祷を受け方や方法を紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

願いごとを決める

祈願祈祷

まずは、願い事を決めます。

願いが決まらない、あやふやだと神様もどうしていいかわからないので、しっかりと決めておきます。

願い事はいくつあっても構いませんが、たくさんあるときには心願成就などにしておくといいですね。

願いが1つのときは、具体的に決めておくことが重要。

具体的であればあるほど、願いは叶いやすいからです。

祈祷にふさわしい服を選ぶ

祈願祈祷

祈願祈祷する際には、ふさわしい服装があります。

神様を前にするのですから、失礼のない神前に見合った格好やフォーマルな装いが好ましいです。

夏に祈願祈祷を受ける場合は、なるべく肌の露出が少ない服装にしましょう。

女性なら、ジャケットと膝下丈のスカート、またはスーツなどが無難です。

足元は、パンプスがいいですね。

間違っても裸足にサンダルはNGです。

神社で祈祷の申し込みをする

祈願祈祷

神社へ行ったら、祈願祈祷の申し込みをしましょう。

受付で、祈願祈祷したいことを伝えると、申し込み用紙をもらえます。

申し込み用紙には願いのジャンル分けがされていますが、自分の願いがどれに属するかわからないときには、受付の方に聞いてみましょう。

そして、必要事項を記入して受付に渡してください。

申し込み用紙を渡すときに、祈祷料も忘れずに! 

手水を行い身を清める

祈願祈祷

祈願祈祷してもらう前に、手水で手や口を洗い清めます。

神様へ会う前に、けがれを落としておくことで、失礼のないようにしましょう。

神社によってやり方の違いはありますが、一般的な方法を紹介します。

1.右手で柄杓を持ち、水を入れ左手から水をかける。
2.柄杓を左手に持ち替えて、次に右手へ水をかける。
3.右手に柄杓を持ち替えて、左手に溜めた水をふくみ、口をすすぐ。
4.最後に、左手にもう1度水をかけて、手を洗う

柄杓には水をたっぷりと入れ、複数回に分けて水を足さないようにしましょう。

祈祷をしてもらう

祈願祈祷

祈願祈祷をおこないますので、神職の指示に従ってください。

神職についていくと、神前と向かい合わせでの形で椅子があるので、座って静かに祈願祈祷を受けてください。

祈願祈祷中は、身を清めるために御幣や鈴を振ることがあります。

その際には、清めが終わるまで静かに頭を下げましょう。

そして、1人ずつ名前を呼ばれ願い事を神職が読み上げます。

自分の名前と願いが読まれたら、心の中で願いと感謝を伝えましょう。

玉串拝礼

祈願祈祷

玉串礼拝とは、玉串を捧げることで自分の心も神様に捧げることを意味します。

玉串礼拝には、やり方があるので紹介します。

まず、神職から玉串を受け取ったら、神前の玉串台の前まで進み一礼。

玉串の葉が上になるように、90度回して玉串を立てます。

その次に、左手で玉串の根元を持ち、玉串に気持ちを込めましょう。

右手を玉串の下に添え、左手で玉串を時計回りに回し、根元を神前に向けて玉串台の上に玉串を供えます。

最後に一歩下がり、二拝二拍手一礼し、儀式を終えます。

手順が多く覚えるのが難しいので、手順がわからなければ神職にその場で聞いても大丈夫です。

神様にお願いをしたい時には神社で祈願祈祷してみよう!

祈願祈祷

神社に参拝へ行くのであれば、祈願祈祷するのがおすすめです。

正式に神職から神様へ願いを伝えてもらうことによって、願いが叶いやすくなることも。

祈願祈祷は午前中から夕方まで受け付けている神社が大半です。

予約も要りませんので、願い事を決めて、フォーマルな服装で祈祷料を持って行ってみましょう。

めったに行けない、神前に行けるチャンスでもあります。

ぜひ、祈願祈祷してみてくださいね。

▼こちらの記事もおすすめ▼

関連記事

占らんど編集部おすすめ! 復縁・恋愛占いが本当に当たる4つのサイト!

       
           
7回無料の神サイト