紫微斗数(しびとすう)とは?命盤の見方や宮と星の意味、輝きまで解説!

紫微斗数

執筆者占らんど編集部

「占らんど編集部」です。恋に仕事に悩める女性の支えとなる情報をお届けしていきます。恋のノウハウや占いの相談方法などを、ぜひチェックしてくださいね。

紫微斗数(しびとすう)という占いをご存知でしょうか?

占いが好きな人でも、『紫微斗数』という言葉は知らない人も多いと思います。

紫微斗数は占いの1種で的中率が高く、精密にさまざまなことを読み取れると人気のある占術。

たとえば、未来や過去、結婚後の自分の姿まで見えるそうです。

また、自分でも気付かなかった才能や性格も知ることもできます。

この記事では、そんな紫微斗数について、名盤の見方から意味まで紹介していきます。

紫微斗数とは?

紫微斗数は、中国発祥の生年月日を元にした占術。

発祥の地の台湾や香港、シンガポールなどで人気があるようです。

中国発祥の占いといえば、四柱推命が有名。

言葉自体は1度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

四柱推命の四柱とは、生まれた年、月、日、場所の4本柱を指します。

紫微斗数は、四柱推命と同様、占うのに生年月日と生まれた時間、さらに場所が必要。

四柱推命は生まれた時間と場所が分からなくても生年月日だけで、性格や運勢を占うこともできます。

しかし、紫微斗数は生まれた時間が数分違っただけでも鑑定結果が変わってしまいます。

占い結果が腑に落ちないときは、出生時間が間違っている可能性が高いと言われるほど。

なので、紫微斗数で占ってもらう際には母子手帳を確認するなどして自分の生まれた時間を知る必要があります。

紫微斗数で分かることとは?

紫微斗数は基本的に、どんな悩みでも対応することができ、びっくりするほど過去や未来が当たります。

例えば、自分のことや恋愛、仕事、家族関係、運勢など。

命盤全体を見ると、自分の性質や生まれ持った運命を知ることができます。

誰でも1度はどうしようもない不安に襲われたり、人生につまずいたりしますよね。

命盤の「命宮」という部屋に入った星や他の宮との関係性を読み解くことで、悩みの解決策を見つけることができるのです。

女性の悩みで多いのが恋愛についてではないでしょうか?

「夫妻宮」という部屋について読み解くことで、彼の潜在的な浮気願望や恋愛傾向を知ることができます

また、未来のパートナーの風貌や性格などより自分の結婚後の姿を明確に見ることが可能。

このように紫微斗数は、どんな悩みにも対応でき、解決策を見つけることができます。

紫微斗数の歴史

紫微斗数は、唐末から宋の時代にかけて有名な仙人であった陳希夷が創設したと言われています。

この陳希夷が書いた「紫微斗数全書」を原書として数々の流派が生まれ、現代に伝わっているそう。

紫微斗数の名前は、北極星(太一、天皇大帝)である紫微星を主とする星たちから運命(=数)を量る枡(=斗)を意味しています。

中心に紫微(皇帝)それをとりまく星たちが互いに影響しあっているという考え方です。

紫微星(北極星)を中心とした星の集まりを中国の天文学では、「紫微垣」と呼んでいたそう。

伝説の中で紫微垣は、天帝の居城とされていたそうです。

紫微斗数の12の宮

紫微斗数では、12の宮に入る星たちの配置で運勢や人格などを鑑定します。

基盤となる命盤は、その人が生まれた時間や場所で判断し、作成していきます。

命盤から気になることを鑑定する時、その宮だけでなく対になる宮も一緒に見ていくことが大切。

なぜなら、紫微斗数の命盤では対角線上にある宮同士は互いに大きな影響を与えるからです。

12の宮は、命盤に配置されたそれぞれの星がどのような影響があるかなどそれを読み取る基本となるものです。

分かりやすく、その人の特質を読み取る12の窓や箱と呼ぶ人もいるようです。

西洋の占いでは、命盤はホロスコープのようなもので、宮ではなくハウスと表現しています。

下の表に簡単にまとめましたので、参考にして下さい。

命宮 先天的、基本的な人格や性質
兄弟宮 兄弟または姉妹との関係性
夫妻宮 恋愛や結婚、適した異性のタイプなど
子女宮 子宝に恵まれやすいか、どんな子供をもつか
財帛宮 財運があるかどうか、財産を得る手段など
疾厄宮 体質やかかりやすい病気の傾向など
遷移宮 移動や外出、対人関係に関する運勢
奴僕宮 使用人や部下との関係性、ペット
官禄宮 仕事運や適した職など
田宅宮 住居に関する運勢
福徳宮 精神的な充足、趣味など
父母宮 両親との関係性

身宮

先程、紹介した12の宮の他に身宮というのが別格としてあります。

身宮とは、人生の後半生を左右する後天的な運勢のこと。

12の宮のうち、命宮・夫妻宮・財帛宮・遷移宮・官禄宮・福徳宮のいずれかが身宮として割り当てられます。

身宮は人生の決め手を表す宮と言われています。

良いことも悪いことにも身宮が与える影響は大きいと言われているようです。

身宮については、研究者や流派によってさまざまな考え方があります。

紫微斗数の星は最大108個!

紫微斗数で使用する星は、最大で108個。

ですが、使用されている星は存在していないので虚星であるという説もあります。

しかし、重要度の高い星のほとんどが実在する天体に起源を持っていると考えてもいいようです。

星たちは、甲級星、乙級星、丙級星、丁級星、戊級星の5ランクに分けられます。

等級が低くなるほど影響力は弱くなっていくようです。

それぞれの星は、吉星、凶星、平星に分類されることがあります。

凶星だったからと言って運勢が悪くなるわけではありません。

吉星も凶星もそれぞれに長所、短所があります。

凶星や吉星に気を捕らわれず、星の象徴や関係性を見ることが大切。

甲級主星とは

紫微、天機、太陽、武曲、天同、廉貞、天府、太陰、貪狼、巨門、天相、天梁、七殺、破軍の14星が甲級主星と呼ばれています。

甲級主星は、紫微斗数において最も重要な働きをします。

特に「どのような」といった主要な部分と吉凶を甲級主星で判断することが多いようです。

それぞれの星に短所、長所があるので、凶星だから運が悪くなるという訳ではありません。

吉凶に捕らわれすぎると肝心なことを見落としてしまう可能性があります。

大事なのは星と星の関係性。

下に甲級主星の持つ意味を簡単にまとめました。

紫微星(吉) 帝王、高貴、高級、威厳、延寿、リーダーシップ
天機星(吉) 智惑、善意、学問、多芸、策略、計画、好奇心旺盛
太陽星(吉) 活気、活動的、勇敢、派手好き、正直、人情家、寛大
武曲星(吉) 財、硬派、割り切りが早い、決断力、実行力、現実主義
天同星(吉) 温厚、善良、親切、誠実奉仕、社交的、礼儀正しい、人気
廉貞星(凶) 実利的で現実を重視、意志が強い、冷静、策略家、媚びない
天府星(吉) 温和、聡明、おおらか、才能、包容力、育成力、安定
太陰星(吉) 母、妻、無形、精神、潔癖、慈悲、保護、世話、謙虚
貪狼星(凶) 欲望、快楽、金銭欲、芸能、大衆文化、自己中心的
巨門星(凶) 研究心、分析力、頭の回転が早い、法律、持論、自信家
天相星(吉) 参謀、補佐、組織性、真面目、責任感、自己犠牲
天梁星(吉) 親分肌、統率、度量、即断即決、独立独歩、哲学、医薬
七殺星(凶) チャレンジ精神、一匹狼、感情の波が激しい、行動力
破軍星(凶) 短気、オリジナリティ、極端、損害、孤独、個性的、大胆

甲級副星とは

甲級主星ほどではありませんが、甲級副星も運勢に影響を与えます。

大体の運勢や性格は、甲級主星がどこの宮に入るかによって決まりますが、甲級副星との組み合わせによって運勢の良い悪いが変わってきます。

凶星と聞くとあまりいいイメージはありませんよね。

しかし、凶星だからといって運勢が悪くなるということはありません。

凶星がある人でも大成功している人はたくさんいます。

下の表では、甲級副星について簡単にまとめました。

文晶星(吉) 演劇、ダンス、音楽
文曲星(吉) 文章、知識、小説
左輔星(吉) 協力、支援、助力
右弼星(吉) 計画性、向上性、助力
天魅星(吉) 厄払、除悪
天鍼星(吉) 厄払、除悪
禄存星(吉) 蓄財、厄払
擎羊星(凶) 凶暴、傷害
陀羅星(凶) 凶暴、傷害
火星(凶) 破壊、殺傷
鈴星(凶) 破壊、殺傷
化禄星(吉) 地位、財産
化権星(吉) 躍進、出世
化科星(吉) 学問、文芸
化忌星(凶) 破壊、妨害

紫微斗数の主星、副星には輝きの違いがある

紫微斗数の主星、副星には星の輝度の違いがあります。

この違いを考慮して読み解くことで、より深い鑑定ができるようです。

命盤に配置された星の名前の後ろに「◎」廟、「◯」旺、「△」平、「✕」落陥という記号がついています。

記号は、それぞれの星の輝きの強弱を表しています。

凶星と主星が同じ宮に同宮した場合、主星は凶星の悪い所をおさえるという役割があります。

凶星の悪い一面をおさえつつ、悪い癖も修正できるようになるのです。

副星が凶星だった場合、輝度が弱いと悪い影響が出やすいようです。

しかし、輝度が強いと悪影響は出にくくなります。

【紫微斗数で鑑定】鑑定したい宮に甲級主星が入っていない場合

星の配置によっては、鑑定したい宮に甲級主星が入っていない場合があります。

例えば、恋愛について見てもらいたい時、夫妻宮に甲級主星が入っていないといった場合です。

鑑定したい宮に甲級主星が入っていない場合は、反対側の宮に入る星で鑑定します。

先ほどの例でたとえると、夫妻宮の反対側なので、官禄宮に入る星で鑑定するという感じ。

このような場合は、鑑定したい宮に星が入っている時よりもそれぞれの星が持つ特徴が控えめになると考えたほうがいいようです。

具体的には50〜70%ぐらいの影響力になるそうです。

また、鑑定したい宮に甲級主星が入っていない時、その宮に入っている副星や助星、向かい合う宮にある星が重要な判断材料となります。

他にも隣り合う宮に入る星や4つ離れた宮に入る星も同時に配慮するようです。

紫微斗数の命宮を見て自分の性格を知るところから始めよう!

今回は、紫微斗数について紹介していきました。

いかがだったでしょうか。

紫微斗数からは、たくさんのことを知ることが可能です。

どんな悩みにも万能な占いといっても過言ではないでしょう。

紫微斗数の命宮にどんな星が入っているのか読み解くことで、自分の性格をもっとよく知ることができますよ。

自分の性格をよく知ることで不安な気持ちの解消法や気付かなかった才能を見つけ出せるかもしれません。

 

その他の占術について知りたい方はこちら

関連記事

占らんど編集部おすすめ! 復縁・恋愛占いが本当に当たる4つのサイト!

       
           
7回無料の神サイト