西洋占星術とは?自分の星座や天体はどんな特徴?

占い

執筆者占らんど編集部

「占らんど編集部」です。恋に仕事に悩める女性の支えとなる情報をお届けしていきます。恋のノウハウや占いの相談方法などを、ぜひチェックしてくださいね。

西洋占星術と聞くと、なんだか難しそう……と感じませんか?

しかし、きちんと特徴を理解して占えば自分でも占える占術なんです!

今回は、西洋占星術がどのようなものなのか、自分のホロスコープの出し方など詳しく解説していきます。

はじめて自分で占う方もぜひ参考にして、自分自身を占ってみてくださいね。

西洋占星術とはどんな占い?

西洋占星術

初期メソポタミア文明で発祥した西洋占星術は、その後ヘレニズム時代にギリシャ人が採用してローマ人へと受け継がれた占い方法です。

天体が地球や人類に与える影響を占い、本質を掘り下げることで細かく運命を鑑定していきます。

生まれた瞬間や何かが起きた瞬間の天体配置を読み取り、運勢や未来予測が可能。

西洋占星術は学問でもあるため、さまざまな研究のもと行われている占術ですよ。

西洋占星術のホロスコープ

西洋占星術

西洋占星術では、ホロスコープといわれるものが重要。

人の生年月日と出生時間、出生場所をもとに天体の算出をします。

この図自体をホロスコープを呼び、この図を基本としてさまざまな占いを行います。

最近ではパソコンを使って簡単にホロスコープを作成できるので、初心者でも作成しやすくなりました。

算出方法が難しいという方は、ネット上でホロスコープ作成できるサイト等利用してみてくださいね!

自分のホロスコープを出してみよう

まずはホロスコープで重要な自分の生年月日、出生時間、出生場所を確実に分かるようにしてください。

この数字が間違ってしまうと、全ての運命が正確に鑑定できません。

手書きで作成する方法もあるのですが、間違えて作成してしまうと確実な鑑定ができなくなってしまうので、専門の本を購入してみるかサイトを通して作成してみましょう。

無料のサイトも多数存在するので、ネットで検索してみてくださいね!

サイトでは、生年月日と生まれた時間、場所を入力するだけで簡単にホロスコープが入手できますよ。

ホロスコープの星の配置列で特徴を解説!10タイプ紹介

西洋占星術

では、作成されたホロスコープの星の配置列を基に、特徴を解説していきます。

全部で10タイプご紹介するので、自分のホロスコープと見比べながら見てみてくださいね。

東に星が集中している

東に星が集中している方の特徴は、自分の意志が強いことです。

自分の意志で人生を切り開けるタイプなので、自営業や個人事業主など自分自身で経営をしている方が多いでしょう。

他の人間に合わせようと思ってしまうと、上手くいかないことが多いのも特徴です。

そのため、1匹狼のような存在になっている方も多いでしょう。

西に星が集中している

西に星が集中している方の特徴は、受動的な要素が強いことです。

人と協力をしたり、助けてもらいながら生活していく方も多いでしょう。

他の人の影響も受けやすく、感受性も強いので振り回されやすい傾向にあります。

他人に対して深く関わってしまい、精神的に追い詰められてしまうことも。

南(上半分)に星が集中している

南に星が集中している方の特徴は、仕事や社会的活動を優先しがちなことです。

プライベートを放り投げて仕事や活動に熱中してしまうので、社会的地位などは高くなりやすいでしょう。

何らかの活動をしたいと思い、社会に出ていく方が多いので主婦や自宅にこもるというのは向いていない方が多いですよ。

北(下半分)に星が集中している

北に星が集中している方の特徴は、趣味や個人的な楽しみを優先しがちなことです。

研究者や作家、画家などひとつのものに集中できる方に多い傾向でしょう。

クリエイティブな仕事をしている方も多く、趣味を仕事にしている方に多い配置です。

成功するよりも自分自身の好奇心などを大事にするので、結婚や今後のことは考えてない方も多いでしょう。

ボール型

ボール型とはホロスコープの円を半分に割ったときに、その半円分全てに惑星が入っている形のことです。

ボール型の特徴は、思慮深く自制心が強いこと。

自分自身の経験から学び、利益を得ることができる方も多いです。

日々反省して成長につなげることができる、そのような人はこの星の配置を持っているでしょう。

バケット型

バケット型とはホロスコープの円を半分に割った時に、8個か9個の円が半円分全てに入っており、反対側に残りの星が入っている形です。

バケット型の特徴は、ゴールに向かって突き進む力があること

エネルギーをひとつの方向に集中する力があるので、皆を引っ張っていくリーダーの力がありますよ。

シーソー型

シーソー型とは、対角線上に惑星が固まっている形です。

2つ以上のハウスに空白があることが条件なので、よく確認してください。

シーソー型の特徴は、常に中立な立場に立ち中間管理職のような立場をやりくりできることです。

意見や見解も比較検討して決定できるので、問題解決能力に長けているといえるでしょう。

スプラッシュ型

スプラッシュ型とは、全体に惑星が散らばっている形です。

人生の中でさまざまなことに興味関心があり、勉強熱心なことも特徴でしょう。

そのため、多くの分野で優れた能力を発揮したり熟達している方も多いですよ。

スプレー型

スプレー型とは、スプラッシュ型に似ていますがひとつのサイン内に3つ以上の惑星が入っている形です。

他人の作った輪の中に入ったり、組織の中に入るのを嫌うのが特徴でルールにも縛られたくない方が多いでしょう。

普通ではないこと、危ないことなどにも興味があり指図されることを嫌います。

1匹狼のような方も多く、他人からは変わった人とよく言われるでしょう。

バンドル型

バンドル型とは、ホロスコープ上の少ないサインの中に固まって惑星が入っており、そのサイン同士が連続している形です。

スペシャリストが持つ形といわれており、関わるものを突き詰める能力に長けているでしょう。

1つのテーマに対してエキスパートになる方も多く、周りからは天才と言われる方も多いです。

西洋占星術の天体

西洋占星術

西洋占星術で使用される天体の数は、10天体。

太陽、月、水星、金星、火星、木星、土星、天王星、海王星、冥王星の10個です。

10天体ある中からどの天体がどの星座にあり、ホロスコープ上でどのハウスにあるのかを見て占うのが西洋占星術。

その人がどんな性質を持っていて性格や感情はどのようなものなのか、仕事の傾向などが占いで判明します。

そのため自分の天体を理解することは、西洋占星術において基礎知識として重要です。

あなたの惑星を出してみよう

ホロスコープをネットで作成した場合、天体の位置を自分で出す必要はありません。

正直自分で作成したものとネットで作成したホロスコープは、そこまで大差はなくネットで作成する方が正確な可能性が高いかも。

複数人のホロスコープをすぐに使いたいと思っている方や計算が苦手な方は、ネットで作成してみてくださいね。

10天体全てに計算式を使って作成する必要があるので、自分で計算してみたいという方は検索して天体の位置を出してみましょう。

惑星ごとの特徴を解説

西洋占星術

惑星ごとに持っている特徴や意味は異なり、意味が分からないままでは鑑定できません。

ここからは、惑星ごとにどのような特徴を持っているのかご紹介します。

思っていた理由と違う可能性もあるので、最後までしっかりと読んでくださいね。

太陽

古代エジプトの太陽のシンボルとして有名な天体記号、エジプト神話でもラーの目として登場している記号。

太陽が表す西洋占星術での意味は、基本的な性格や価値観です。

人生の目的や行動の意味、価値観など根本的な部分を示していますよ。

基本的な部分とは環境で変わるものではなく、生まれた瞬間からすでに備わっていたものについて示されるでしょう。

三日月のマークとして天体記号では有名。

月が表している意味は、感情や本能的な欲求などを表しています。

目には見えない心に秘めているものを映し出すのが、月の持つ特徴。

癖や習慣、感性など他人から見ても分からない部分を月が教えてくれるのです。

もしかすると自分でも無意識になっていて気付いていないことを教えてくれるかもしれませんね。

水星

ギリシャ神話でヘルメスが持っている、2匹の蛇が噛みついているケーリュケイオンという杖がもとになっている天体記号。

水星が表している意味は、人の能力や知恵、コミュニケーションの傾向です。

言葉に表れたり内に秘めている能力について、水星が教えてくれるでしょう。

コミュニケーション能力もその人の能力の一部なので、鑑定すると能力が長けているのかが分かりますよ。

金星

ギリシャ神話で、愛と美を司る女神アフロディーテのもつ手鏡の象徴。

金星が表している意味は、人の美や愛情など女性的な部分です。

もちろん、それだけではなくセンスや金銭、外界から与えられる欲求も示しています。

金星だからといって、金運のみに意味するわけではないですよ!

火星

ギリシャ神話で、アレスの盾や槍の象徴として有名。

火星が表している意味は、おもに情熱や肉体的なエネルギーです。

他にも活発さや身体能力、競争に対する関心など多くの意味を秘めています。

女性性を表す天体とし有名な火星ですが、情熱さを表す意味が多いですよ!

木星

ゼウスの雷や4番目惑星なので数字の4など、色々な説を含んでいます。

木星が表している意味は、成長や充実など人の成長に関わることが多いです。

自分をどうやって成長させていいくのか、夢の実現に向けてどう行動していくのかなど鑑定で分かるでしょう。

生活の中のヒントを木星が教えてくれる、と考えても過言ではないですね。

土星

クロノスの鎌や、5番目の惑星なので数字の5として有名。

土星が表している意味は、抑止や縮小、停滞などです。

単語を見るだけだとあまり良くないイメージですが、実際は努力する期間についての単語。

成長する前には誰でも停滞期が存在しますよね。

それと同じで、土星は停滞期も必要だということを教えてくれるのです。

天王星

天王星の発見者であるW.ハーシェルの頭文字をとって、Hというのが由来。

天王星が表している意味は、一言でいうと変化です。

改革や改良など、人の暮らしや人生を良くする要素を含んでいます。

このほかにも精神性に関わりがあり、潜在意識へのアプローチも。

変化という意味には、自分自身の周り全てにおいての変化という意味を含んでいるので注意してくださいね。

海王星

ギリシャ神話のポセイドンが持つ三叉の槍が由来。

海王星が表している意味は、直感やイマジネーションです。

目に見えないものやスピリチュアル、神秘的な存在との関わりなどを表しています。

他にも夢や理想など、目には見えない事柄の意味を含んでいますよ。

冥王星

冥王プルートの頭文字から2文字をとって、PLが由来。

冥王星が表している意味は、破壊と再生です。

0か100、黒か白など両極端な性質を持っています。

破壊と聞くと良くない印象を考えるかもしれませんが、新しい物事に携わるときには古いものを破壊しなければならないという考え。

そして精神性を高めて、自分の深層心理に呼びかける天体としても有名であり、すべてに深みを与えてくれる星ですよ。

西洋占星術の星座

西洋占星術

テレビや雑誌の12星座占いは、誰しも1度は見たことあるのではないでしょうか。

この星座占いというものは、西洋占星術を簡略化した占術です。

しかし、しっかりと西洋占星術で占う場合には星座のみならず、他の惑星との兼ね合いやホロスコープを使用して占います。

星座ごとにどのような性質をもっているのか、どの惑星との関係が深いのかを理解して占うことが重要。

その人の性格や根本的な考え方を表す星座について、ここから詳しく解説していきます。

星座ごとの特徴を解説

西洋占星術

西洋占星術では、惑星だけなく星座ごとに意味が異なります。

それぞれの星座の特徴や意味もしっかりと理解して、占ってみましょう。

牡羊座

牡羊座は言葉の通り、羊がモチーフになっている星座です。

ギリシャ神話に出てくる英雄イソアンが、冒険中に手に入れる金色の羊の皮のこと。

牡羊座は闘いの星座であり、火星を守護に持っているので情熱やエネルギーの強さを表しています。

12星座の最初の星座ということもあり、人間の命を表す意味も含まれていますよ。

牡牛座

牡牛座の由来はさまざまなものがありますが、フェニキアの王女エウロパをゼウスが略奪するために変身した白い牡牛という意味が有名です。

牡牛座は生命を維持するための欲求やエネルギーが強く、金星を守護にしている星座。

人間の五感や食、金銭に固執する姿にもその様子が表れています

双子座

双子座の由来は、ギリシャ神話に登場する双子のカストルとポルックスというのが、有名な説です。

双子座はフットワークの軽さや世渡りも上手く、矛盾や葛藤と戦いながらも好奇心の強さで人生を楽しむことができます。

双子座は、独特な2重性やマルチ性も持っていて、それは星座ができた由来にも共通している部分と言われていますよ。

蟹座

蟹座の由来は言葉の通り蟹。

ギリシャ神話ではヘラが遣わせた蟹であり、試練の邪魔をしたなどさまざまな言い伝えが存在します。

星座になったいきさつは、ヘラクレスにつぶされた蟹がヘラに天上へあげられて星座になったといわれていますよ。

相手に母性本能を感じさせる星座で、月が守護になっているのが特徴。

心許せる仲間の中ではくつろぐ姿をみせることもあり、テリトリーを守る保護本能が働いているのでしょう。

獅子座

獅子座の由来は、文字通りライオンの姿です。

ギリシャ神話の中でヘラクレスにより倒されたライオン、その姿を称えるために星座になったといわれています。

獅子座は周りを圧倒するような存在感や情熱を持っており、太陽が守護になっている星座。

大胆な行動力とブレない意志の強さは、まさに王様のような存在感を放っていますよ。

乙女座

乙女座の由来は、正義の女神アストライアの姿です。

天上人と人間が共存していた時代に、堕落した人間に愛想をつかして天に昇ってしまった姿がそのまま星座になったといわれていますよ。

水星を守護にもち、縁の下の力持ちのように淡々と自分の役割をこなす姿は、まるで乙女のよう。

天秤座

天秤座の由来は、正義の女神アストライアが手に持つ天秤といわれています。

金星が守護であり、愛と美や平和と調和など精神性を大切にしている星座です。

人間関係の状況や状態に合わせて、自分自身を演出できておしゃれな雰囲気をもっていることも特徴。

蠍座

蠍座は、言葉の通り蠍の形が由来。

ギリシャ神話では放漫であった英雄オリオンを1刺しで殺した蠍と称えられ、天上に上げたといわれています。

冥王星が守護であり、冥王星の発見前には火星が守護でした。

永続的な情熱や執念、尽くす能力に長けていることが特徴

射手座

射手座の由来は、ケンタウロス族の賢者ケイローンに向けられた毒塗りの弓矢といわれています。

間違えて刺さってしまった弓矢により、深手を負って苦しみ、不死身の命を神に返して無くなった説が有名。

木星が守護であり、意識はいつも未来に向けられていて楽観的な考えを持ちつつも貪欲、向上心も高いのが特徴です。

山羊座

山羊座の由来は、牧神のパーンです。

パーンとは獣性と理性の融合が象徴で、見た目と心の中のギャップを表しています。

土星が守護であり、保守的で先を見据えた真面目な姿が特徴です。

ほかにも、熱心で周りからの信頼や評価も高く、人望もある星座として有名ですよ。

水瓶座

水瓶座の由来は、波打つ水や波動を表しています。

ゼウスの給仕係である、ガニメデスの持つ壺の中のお酒が波打つ瞬間が由来。

天王星が守護であり、常識を突き破るような開拓精神が豊富です。

その気持ちとは別で、世界に対して平等を願う博愛精神も兼ね備えているので、世界の根本を変えてくれる能力ももっています。

魚座

魚座の由来は、2匹の魚です。

ギリシャ神話に出てくるアフロディーテとエロースが怪物ティポンに襲われた姿とも言われています。

海王星が守護であり、幻想や霊感、第6感などのスピリチュアルなものと関わりがあるのが特徴です。

相手の気持ちを理解したり、優しさ、愛情深さについては他の星座より長けているでしょう。

西洋占星術のアスペクト

西洋占星術

西洋占星術では、アスペクト(角度)という単語が登場します。

このアスペクトとは天体同士の角度を見ることで、人と人の相性を占うことができるのです。

アスペクトには主に6種類が存在しており、その角度を基にお互いがどのような関係性を持っているのかがわかります。

天体同士のエネルギーが安定しているのか、不安定なのかを吉凶として判断するものです。

角度ごとの特徴を解説

西洋占星術

今回は好ましい関係と好ましくない関係の2種類をご紹介します。

気になる方や恋人、家族との相性を調べたい方は参考にしてみましょう。

好ましい関係

好ましい関係を築けるアスペクトは、60度と120度。

お互いに意識しすぎず、何もしなければ影響しませんが、意識すると調和的エネルギーを引き出し合える関係になれるでしょう。

天体同士の相性が良いので、良い方向にエネルギーを向けることで2倍3倍の力を出せるかもしれません。

好ましくない関係

好ましくない関係になってしまうアスペクトは、90度と150度。

天体同士のエネルギーがぶつかってしまったり張り合ってしまう角度なので、苦手意識を持ってしまいやすいでしょう。

すれ違いも多い関係になってしまうので、嫌いではなく無関心になりやすいことも多いです。

なにかとぶつかりやすい傾向ではありますが、時には好転して何かを成し遂げる力をもつこともあるかも。

西洋占星術のまとめ

西洋占星術

西洋占星術で占うコツは、ホロスコープを正確に作成することです。

とくに出生時間や場所がずれてしまうと、正しいホロスコープは作れません

しっかりと占うためにも、あらかじめ調べておいてくださいね。

ホロスコープが作成できればあとは読み取るだけなので、誰でも簡単に鑑定が出来るでしょう。

興味のある方は、ぜひ西洋占星術で自分自身を占ってみてくださいね!

もし自分では難しいと感じた方は、電話占いや地域の占い師に占ってもらいましょう。

LINEトーク占いで相談!
LINEトーク占いは、LINEのトーク機能で占いができるからとっても便利。

 電話占いとは違うから話し声を聞かれる心配もなし!
 
  話すのが苦手な人にもおすすめです。
  LINEトーク占い