【男女別】『with』ではどんな写真を載せたら良いの?好印象を与える秘密は○○にあった!

執筆者占らんど編集部

「占らんど編集部」です。恋に仕事に悩める女性の支えとなる情報をお届けしていきます。恋のノウハウや占いの相談方法などを、ぜひチェックしてくださいね。

マッチングアプリや出会い系を利用するにあたって、重要視するものはなんですか?

・プロフィール欄が充実していること

・自分と同じ趣味について載せていること

・写真をしっかりと掲載していること

人それぞれ異なるものですが、マッチングアプリで出会いを探すならまずあなたの雰囲気が相手に伝わるようにしなければなりません

そこで今回は、マッチングアプリ『with』ではどんな写真を掲載したら良いのかをご紹介していきます。

CHECK

・マッチングアプリを始めたけど、進展が少ない……

・プロフィール欄に何を記入すればいいかわからない……

こういった悩みを持っている方は、この記事を読んでいただければ役立つこと間違いなし!

『with』だけに限らず、写真の掲載は良い出会いを探すには欠かせないもの。

男女別におすすめの写真などもご紹介しているので、参考にしてみてくださいね♪

『with』は写真次第で出会える確率が変わる!

出会い系やマッチングアプリなどネットを通じて出会いを探す場合、まず相手は外見で人を判断します。

プロフィールをどんなに詳しく書いたとしても、所詮は文字。

文字だけでは相手に伝わりにくいのは確かですから、詳しいプロフィール内容に加えてしっかりと写真の掲載はしておくことがおすすめ!

また、『with』の写真にはメインとサブの2種類が存在しています。

メインとサブで載せる写真の傾向が異なるので、適当に写真を載せれば良いというわけではありません。

メインの写真とサブの写真、それぞれどのような写真を掲載したら良いのか解説していきます!

『with』のメイン写真

まず『with』のメイン写真とは、プロフィールを開く前に表示される写真のことを指します。

1番人の目に触れやすい部分ですから、メインに掲載する写真は「自然な笑顔の写真」を載せるのがおすすめ♪

自撮りは作り笑い100%なので、友達や知り合いなどに撮ってもらったような写真を自分のところだけ切り取って掲載するようにしてください。

自然な写真は、以下のイメージを相手に与えやすいです。

・爽やか

・優しい

・誠実

人によっては頼りがいがありそうという印象を受けることもあるので、第一印象を良くするためには万人ウケしやすい写真を選ぶのが◎。

『with』のサブ写真

次に『with』のサブ写真とは、プロフィールを開いた後に表示される写真のことを指します。

メインの写真を見て、気になるようならプロフィールページに移動しますよね。

その際にサブ写真まで載せてあったら、大抵は見てくれるもの。

プロフィールページを充実させるための要素の1つとしても挙げられるので、『with』ではサブ写真の掲載も重要になってきます。

『with』でサブ写真におすすめなのは、以下の3つ。

・自分の全身が映っている

・趣味が分かる写真

・飼っているペットや旅行先などで撮った風景の写真

自分の全身が映った写真を掲載する場合は、カジュアルな服装かつ顔がはっきりと分かるものを選んでください。

自分はこういうファッションが好みだと知らせることもできるので、相手により細かな情報を文章にせずとも伝えることが可能です。

趣味やペット、さらには風景といった写真に関しては本記事の最後にまとめていますのでそちらもぜひチェックしてみてくださいね♪

『with』で好印象なメイン写真【男女別】

ここからは男女別で、相手に好印象を残しやすいおすすめのメイン写真をご紹介していきます!

メインの写真は、プロフィールページには欠かせないもの!

『with』では設定必須ですから、少しでも相手に好印象を持ってもらえるような写真を選んで設定してください。

『with』で好印象なメイン写真【男性】

『with』で男性が女性に対して好印象なイメージを与えやすいポイントは、以下の2つが挙げられます。

・メイン画像には必ず顔写真

・清潔感を意識する

どれも決して難しいことではないので、カメラロールから良さそうな写真を選びましょう。

メイン画像には必ず顔写真

顔写真

メインの写真にはしっかりと自分の顔が映ったものを掲載することが、良い出会いに繋がりやすい大きなポイントとなります。

おすすめは画面の大きさに対して、3割~5割が自分の顔であることがベスト。

ドアップ過ぎるメイン写真は、女性から引かれる原因となるのでいいねがもらいにくくなります。

清潔感を意識する

清潔感

普段の自分を知ってほしいからと言って、寝起きの写真など乱れている状態での写真はNGです!

メインは多くの人の目に触れるもの。

清潔感がある男性を好む女性が多いので、ラフさを求めるならシャツ姿でキメ過ぎない程度に髪型を整えているのが◎。

Tシャツなら無地で色は白や青。

Vネックなんかもおすすめです♪

スーツやジャケット姿も人気の1つ!

お堅めな雰囲気というより、笑顔満開で親しみやすい雰囲気の写真が好まれるようです。

『with』で好印象なメイン写真【女性】

一方で女性のメイン写真は、どのようなポイントに気を付けて掲載すればいいのか。

大きく分けてポイントは2つ。

・メイン画像には必ず顔写真

・自分の雰囲気が一番出るものにする

メインの写真は相手の目に最も触れやすいので、上記のポイントを押さえて掲載しましょう。

メイン画像には必ず顔写真

女性

女性も男性と同じで、メインの写真にはしっかりと自分の顔が映ったものを掲載してください。

メイン写真はプロフィールを開く前に唯一見える写真なので、外見がわからないものだとそもそもプロフィールページすら見てもらえません。

よりたくさんの男性の目に留まり、なおかついいね数を稼ぐには避けては通れないポイント。

おすすめは胸上、もしくは肩から上が映っている写真。

多くの男性が女性の外見を重要視しているので、はっきりと顔のパーツが分かるものが好ましいです。

自分の雰囲気が一番出るものにする

女性 体型

全面的に自分の雰囲気が伝わる写真をメインに持ってくるのも、1つの方法。

体型が分かると相手にとってあなたのイメージが掴みやすくなります。

いいね数も稼げますから、全身画像をメインに持ってくる場合はおしゃれな服装をした状態で写っているのが◎。

ただし浴衣や水着、さらには着物など普段の雰囲気と変わるものはサブ写真にすることがおすすめ。

なお生活感が出てしまう服装(スウェットやジャージなど)はNGですので、カジュアルな服装が良いでしょう。

『with』で出会えないNG写真【男女別】

好印象を与える写真があるということは、逆に悪印象を与える画像もあるということ。

悪印象を与える写真の特徴は、大きく分けてそれぞれ3つずつ挙げられます。

男性

・自撮り写真

・加工されている写真

・小さすぎて顔が見えない写真

女性

・加工されている写真

・後ろ姿の写真

・サブ写真がない

男女別にご紹介していくので、これから写真を掲載しようと考えている人は上記のポイントに気を付けて載せましょう。

『with』の写真NG例【男性】

まずは男性の場合のNG例です。

マッチングアプリだけに限らず、一部SNSなどのアイコン設定にも当てはまる部分があるので普段何気なしに設定している人は要注意です。

自撮り写真

自撮り=ナルシストだと思われる原因となっているようで、カメラ目線なのが余計にイメージが強く出てしまうのです。

確かに自分はこういう人間だというストレートなアピールポイントにはなるのですが、女性からしてみればナルシストはナルシスト。

それ以上でもそれ以下でもないのです。

決して悪いことではありませんが、女性の本音は「自撮りはイケメンに限る!」

コレが現実だったりします…。

平均的な顔立ちをしている人も、自撮りした写真を載せた時点であまり好印象とは呼べないなんてことも。

女性の中には「良い歳した社会人が自撮り…?」なんて考える人も少なくないので、注意すべきポイントです。

加工されている写真

男 加工

自撮りの延長線上になるのですが、男で加工しているのは女性ウケが悪いです。

プリクラ画像も例外ではありません。

むしろプリクラの時点で即アウト。

出会いを求める場で、加工は逆効果です。

加工しないと見せられないような写真を掲載している=実物は写真以下の可能性が高いとなるのでおすすめできません。

ただし自分の顔を加工した写真はNGですが、景色などの写真にエフェクトをかけるような写真は許容範囲です。

小さすぎて顔が見えない写真

顔 見えない

よく見かけるのが、自分は写っているものの背景など身の周りが大き過ぎて自分が小さく写っているという写真。

拡大してやっと顔が見えるものや、前髪で顔が見えないなどの写真は悪印象を与えます。

写真を掲載する時は、自分の顔がはっきりと写っているもの!

これだけは外せない条件です。

SNSでは背景にフォーカスが行って、自分のシルエットがチラっと見える写真は逆に好印象。

ですが『with』はマッチングアプリ。

『Twitter』や『Facebook』とは違い、出会いを探すためのアプリですからはっきりと写っている写真でなければ意味がありませんよ。

『with』の写真NG例【女性】

一方で女性のNG例は以下の通り。

・加工されている写真

・後ろ姿の写真

・サブ写真がない

男性のNG例と一部同じところもありますので、掲載する際に意識してみると良いでしょう。

加工されている写真

近年話題の加工アプリを使った写真の掲載は、あまりおすすめしません。

持っている写真で良いのがないから……という理由で新たに撮り直し、その写真を加工するのは男性から見るとあまりいい印象ではないもの

本当の顔がどういうものなのかイメージしづらいという理由も挙げられるので、単に可愛く撮れたからという理由で掲載するのはNG。

確かに女性は男性に比べて、特に周りとの差を付けた写真を掲載したい気持ちが強いもの。

他の女性より可愛く、キレイだと思われたいことは決して悪いことではありません。

ですが出会いを求める上で加工した写真は逆効果。

友達や知り合いに撮ってもらい、なおかつ未加工な写真を使用しましょう。

どうしても加工した写真を掲載したい場合は、画像の明るさのみを変更するくらいに留めておくのが◎。

後ろ姿の写真

後ろ姿の写真は雰囲気だけ伝わるだけで、結局はそのままスルーされてしまいます。

男性の「小さすぎて顔が見えない写真」と同じで、はっきりとあなたのイメージが読み取りづらいもの。

雰囲気がよく、写真写りが良い写真だったとしても出会いに持って行くにはやや厳しいです。

いいねの数もはっきりと顔が映っているものに比べて少ない傾向にあるので、あまりおすすめしません。

サブ写真がない

写真 サブ

・良い画像がない

・メインだけで十分だと思っている

・掲載するのがめんどくさい

SNSでいうところのデフォルト設定のままにしているということですので、いいねが貰えないどころか男性の目に留まることもありません。

メインだけに限らず、サブ写真の掲載も男女共に重要だと認識すべきです。

メインの写真1枚だと男はどうしても信用できないもの。

真面目な出会いを求めるユーザーが圧倒的に多いので、サブ写真を設定しない時点で相手にされにくくなります。

サブ写真を設定しない=周りと違うアピールができていると考えているような人は、今すぐにその固定概念を捨てて潔く写真を設定してください。

『with』はサブ写真も出会い率アップに繋がる

最後にサブ写真を掲載する際におすすめの写真をご紹介します。

自分の全身が映っている写真を掲載する以外にも、趣味が分かる写真や旅行先などで撮った風景の写真

さらには飼っているペットの写真などがおすすめ!

それぞれポイントをまとめてみましたので、写真選びの参考にしてみてくださいね♪

『with』でモテるサブ写真1. 自分の趣味をアピールできる写真

趣味

普段の何気ない写真を掲載するのも良いですが、メインと似たような写真ではアピールとしては不足しています。

なので、せっかくサブ写真として載せるのならグルメやスポーツ関連の写真を載せるのが◎!

特に料理の写真は、男女共にかなりのアピールポイントとなります。

男性は料理男子としての一面を見せることが可能で、女性は家庭的な印象を与えやすいのでおすすめ♪

アクティブに動いているところを収めた写真も、メインとの差別化ができるのでアピールとしてはかなりの強みです。

『with』でモテるサブ写真2. 旅行・景色の写真

メインの写真以外で、あまり自分の姿を載せたくないという人もいるでしょう。

その場合は旅行などに行った際に撮った景色の写真なんかもおすすめ♪

ですが出会いを求める人の多くがその人の姿が映った写真を見たいと感じている傾向が強いので、載せる場合は2~3枚に留めておくのが◎。

優先順位は、自分が写っている写真>景色など。

景色の写真は、主に男性が載せると効果に期待が持てます!

女性の多くが行動力のある人が好みだったりするので、「この人と仮にお付き合いをしたらきっとデートが楽しいだろうな♪」という印象を持たれます。

インドア派からしてみてもキレイな写真と感じることができるので、そこから会話のきっかけを作るのも申し分ありません。

価値観が似ている人からしてみれば魅力的な1枚となるので、いいねをもらいやすくなりますよ♪

『with』でモテるサブ写真3. ペットの写真

男女共に動物が好きな人は多いもの。

動物が好きな人=優しい人というイメージが定着していることもあり、注目を集めやすいとも言えます。

自分が飼っているペットなら、めちゃくちゃ可愛いと感じる最高の1枚を載せてしまいましょう!

ただし、ペットの写真は画像のような犬や猫が好ましいです。

自分は可愛いと感じるペットも、人によってはそうでもなかったりするのでペットの写真を載せる場合は万人ウケする動物がおすすめ。

よく飼っているペットと言って爬虫類の写真を載せている人を見かけますが、他人の目から見て素直に可愛いとは言えませんね…。

まとめ

写真は相手に自分の雰囲気を伝える唯一の手段。

出会いを求める上で必要不可欠な要素となるので、ステキな出会いをゲットすべくしっかりと写真の掲載はしておくことをおすすめします。

『with』の場合、いいね数の多さによって上位に表示されやすくなるというシステムを採用。

そのため人の目に触れない限り良い出会いにはありつけませんので、工夫を凝らすことが必要になってきます。

本記事でご紹介した内容を参考に、自分らしい写真で良い出会いを掴み取ってくださいね!

関連記事

占らんど編集部おすすめ! 復縁・恋愛占いが本当に当たる4つのサイト!

       
           
7回無料の神サイト