死後の世界とは?輪廻転生の考え方や魂について解説

死後の世界

執筆者占らんど編集部

「占らんど編集部」です。恋に仕事に悩める女性の支えとなる情報をお届けしていきます。恋のノウハウや占いの相談方法などを、ぜひチェックしてくださいね。
記事制作:ポップコーン株式会社

監修者占らんど

皆さんは「死後の世界」についてどのようなイメージを持っていますか?

「うまく説明できないけど、なんだか怖い目に遭いそう……」とネガティブな印象を抱いている方もいれば、そもそも死後の世界なんて存在しないという考えの方もいるでしょう。

しかし、死後の世界に向き合ってみることで、これまでのイメージが大きく変わるかもしれません。

そこで今回は、死後の世界を知るための重要な考え方をお伝えするとともに、実際に死後の世界とやり取りしたという人の体験談をご紹介します!

 

\期間限定!無料でスピリチュアル鑑定/

圧倒的な的中率、料金の安さ、鑑定の早さは占い業界一。まだやってない人は絶対にやるべきです。
今だけ!なんと2500円無料特典あり!
クーポンはなくなる可能性も高いので今のうちにお願いしておきましょう。

スピリチュアル

輪廻転生の考え方

死後の世界

まずは、死後の世界を理解するうえで基本となる考え方として、「輪廻転生」という概念をチェックしておきましょう。

輪廻転生とは仏教における中心的な思想の1つであり、生き物の魂が何度も生まれ変わりながら永遠に存在し続けることを意味します。

まるで車輪が回り続けるように生死を繰り返すことから、この名前で呼ばれるようになりました。

また、どのような世界に生まれ変わるかは、それまでに積み重ねた行為の集合体である「業(ごう、カルマ)」に応じて決まります。

現世でたくさんの徳を積んでいた者は幸せな世界に、自分の利益ばかりを優先していた者は苦しみに溢れた世界に、それぞれ向かうことになるのです。

また、釈迦の教えを厳格に実践し続ければ、やがて輪廻転生から抜け出すことができると考えられています。

輪廻転生から解放された状態は「解脱」と呼ばれ、誰もが目指すべき悟りの境地として重視されてきました。

以下では、輪廻転生の考え方を踏まえつつ、死後の世界に関してより具体的に見ていきましょう。

六道

死後の世界

「六道(りくどう、ろくどう)」とは、私たちが死後に生まれ変わるという6種類の世界のこと。

天上道・人間道・修羅道・地獄道・餓鬼道・畜生道があり、六道の間でいつまでも魂が巡り続けることを特に「六道輪廻」と言います。

6つの世界のうちどこに行くかを決定するのは、「引業」という業の一種。

引業とは、その人が現世で行ったことの中で最も酷いものを指します。

生まれ変わった先の世界では、かつて自らが手を染めてしまった悪い行為の報いを受けることになるそう。

今では一般的に使われている「因果応報」という四字熟語は、もともとこのような教えを指す仏教用語でした。

ここからは、それぞれの道について、大きく2つのカテゴリーに分けて詳しくご紹介します。

三善道

先ほど挙げた6種類の世界のうち、天上道・人間道・修羅道の3つは「三善道」というカテゴリーに分類されます。

三善道はどれも比較的楽しみの多い世界ですが、それと同じくらい、あるいはそれ以上に大きな苦しみも待ち受けているそう。

まず、天上道においては、生まれ変わった当初はとても楽しい毎日を過ごせますが、歳をとるにつれてさまざまな困難に直面しなければいけなくなります。

最終的には寿命を迎えることになりますし、仏教の教えに触れるチャンスすら存在しないため、解脱への道筋は全く見通せません。

次に、人間道とは、まさに私たちが生きているこの世界のことであり、楽しみと苦しみがどちらもそれなりに存在します。

六道のうち人間道だけが解脱の可能性に開かれているという点も見落とせません。

また、修羅道について言えば、楽しみが皆無なわけではないものの、住人同士の争いが絶えない危険な世界。

常に他人よりも優位に立とうとする気持ちに振り回されるので、三善道の中では最も不幸な世界だと言えるでしょう。

このように、どの世界に生まれ変わるかによってその後の運命は全く異なります。

とはいえ、解脱できる可能性があるかどうかに注目すると、私たちはもう1度人間として生を受けることを願うべきなのかもしれません。

三悪道

一方で、地獄道・畜生道・餓鬼道の3つをまとめて「三悪道」と呼びます。

三悪道はいずれも苦しみに満ちた世界であり、そこに喜びや楽しみは一切見出せません。

まず、地獄道は、火で焼かれるような激しい苦しみがどこまでも続く世界だとされています。

他人の心身をひどく傷つける行いに手を染めた人は、その報いとして地獄道に堕ちてしまうそう。

次に、餓鬼道においては、食べ物を口に近づけるとすべて燃えかすとなってしまうため、飢えによってどんどんやせ細っていくとか。

他人を顧みず、欲しいものを何でも手に入れようとする利己的な精神が、餓鬼道に生まれ変わってしまう原因のようです。

また、畜生道に転生した場合、動物だけが暮らす弱肉強食の環境のもと、いつ命を奪われてしまうか分からないという恐怖にさらされ続けます。

他人の幸せを妬み、自分より不幸な人を見て安心する醜い心の持ち主は畜生界に送られてしまうと考えられています。

以上見てきたように、三悪道はいずれも非常に恐ろしい世界です。

しかし、自分の欲求にある程度は従いつつ他人に対しても思いやりのある態度を心がければ、三悪道に行く可能性はきっと避けられるでしょう。

死後の世界とは?

死後の世界

死後の世界に対するイメージは、多くの場合ネガティブなものですよね。

しかし、死後の世界というのは私たちが思っているほど悪い場所ではないかもしれません。

そのことを明らかにするために、ここでは、死後の世界はいったい何のために存在するのかを探っていきましょう。

生まれ変わるための場所

死後の世界

何よりもまずお伝えしておきたいのは、死後の世界とは決して悲しい場所ではないということ。

実際、輪廻転生の考え方では、「新たな生に向けた準備の始まり」として死を肯定的にとらえているのです。

人間は死を迎えたとき、この世で自分の魂を縛りつけていた数多くのしがらみから解放され、本当の意味での安らぎを得られると考えられています。

自分よりも先にこの世を去った大切な人との再会に胸を膨らませる死者もきっと少なくないでしょう。

そのような過程を経て、生きていた頃の行いの良し悪しに応じて次の世界へと生まれ変わるのです。

どのような世界に行くかを自ら選択することは不可能ですが、自身の努力次第で、悪い世界への生まれ変わりをある程度避けることはできます。

そう考えると、死後の世界が存在すると信じたほうが、現世でより善く生きようとするモチベーションも自然と湧いてくるでしょう。

死後の世界を信じるかどうか、それをどのようなものとして考えるかは、完全に個人の自由。

ただ、そこに込められた意味合いが必ずしもネガティブなものばかりとは限らないという点は、この機会に知っておいてほしいと思います。

魂は永遠に生き続ける

死後の世界

私たちが死を恐れる最大の理由は、死んだあとの自分が何の意味や価値もない「無」になってしまうと考えているからではないでしょうか?

確かに、死という言葉からは、魂を含めたすべてのものが一瞬で消滅してしまうかのような印象を受けるかもしれません。

しかし、輪廻転生の考え方によれば、滅びるのはあくまでも肉体だけであり、魂は永遠に生き続けるとされているのです。

肉体から離れることによって自由を手に入れた魂は、新たな生に向けた準備期間に入ります。

肉体は魂の入れ物のようなものであり、別の肉体に魂が宿ったとしても、その魂が「自分自身のものである」という事実は永遠に変わりません。

以上のように考えてみると、死に対する見方が少しポジティブになりませんか?

死後の世界があることで恐怖が和らぐこともある

死後の世界

死後の世界というのは、決して悲しみに満ちた場所ではありません。

科学的な証明が難しいこともあって、存在そのものを疑われがち。

しかし、死後の世界を信じることによって、死に対する私たちの向き合い方はポジティブな方向へと変わっていくに違いありません。

たとえば、今は亡き大切な人と再会できる場として死後の世界を考えれば、死への恐怖心や抵抗感が一気に和らぐはず。

また、死後の世界は、他人に対してやったことがそのまま自分に返ってくるという因果応報の論理で動いています。

ですから、幸せな世界に生まれ変わりたいと望むなら、現在身を置いているこの世界において可能な限り善く生きることを心がけてみましょう。

今回の記事を通して、死後の世界にまつわる負のイメージが少しでも取り除けたのであれば嬉しいです。

関連記事

▼使ってよかった占いサイト
TV出演占い師多数! 今もっとも注目されている噂の占いサイト。
カリスマ占い師集結!

\最大5000円無料/

ヴェルニの先生を見る

 
電話占いインスピ なんと、10回以上も無料で相談できるインスピ。
まちがいなく業界一安い神サイト

\今だけ!7回無料キャンペーン/

インスピの先生を見る

 
『LINE』が占いに参加!不倫や複雑愛で当たったと口コミが続出…
期間限定!LINEから無料で本格診断

\初回10分完全無料!/

無料でLINEトーク占いを試す

       
           
 電話占いカリス